野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

ナワシロイチゴジャムには爽やかな酸味がある(果樹)

ナワシロイチゴジャム作り最初の煮込み

ナワシロイチゴを収穫したことを2日前に紹介しましたが、ジャムを作り試食しましたので紹介します。

最初にナワシロイチゴの30%の重さの砂糖を入れて煮込みました。上の写真はその様子です。

下の写真は煮込み後、種や滓をと取るために濾しているところです。少しお湯を入れながら濾します。

ナワシロイチゴジャム作り濾過

下の写真は、濾して出てきたものを煮込んでいる様子です。浮かんできたアクは捨てます。そして、トロミができたところで出来上がりです。

ナワシロイチゴジャム作り仕上げ

下の写真はビン詰の様子です。ナワシロイチゴ200gで1ビンの感じです。

瓶詰ナワシロイチゴジャムの

下の写真は出来上がったジャムの試食です。ジャムは爽やかな酸味があり、美味しいと思います。世界に二つとない家庭菜園ならではの味でしょうか(笑)。

ナワシロイチゴジャムの試食


家庭菜園 ブログランキングへ
 
  1. 2017/07/09(日) 08:59:12|
  2. 果樹
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

今年のナワシロイチゴは大粒で良質(果樹)

ナワシロイチゴ菜園1

野生のナワシロイチゴの実っている様子がブログ仲間から伝えられてきました。我が菜園では、そのナワシロイチゴを菜園で栽培していますが、収穫の時期を迎えましたので、紹介します。

上と下の写真は菜園の様子で収穫直前の様子です。

ナワシロイチゴ菜園2

ナワシロイチゴ菜園3

下の写真は収穫物です。今年は粒が大きく、良質と思われます。生食しますと、甘味は弱いですが爽やかな酸味の味よく、他のイチゴにない食感と思われます。これを使い、我が家ではもっぱらジャムを作っています。

ナワシロイチゴ収穫物

なお我が菜園の「ナワシロイチゴ」は、野生の一株を株分けし菜園に持ち込んだものです。関心のある方は、本ブログ左側の検索欄に「ナワシロイチゴ」と入れクリックしますと、今までの記事を読むことができます。


家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2017/07/07(金) 08:54:21|
  2. 果樹
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

美味しいズッキーニ(旬野菜料理)

ズッキーニ料理肉巻き

前回、ズッキーニが採れたことを紹介しました。収穫物は1株当たり2~3本の感じで、合計16本以上(8株X2本)取れています。まだまだ行けそうで、今回は大豊作と言えましょう。これも地力が付いてきたためと思われます。

友人に配っても余り、毎日のように食べていますが、今回は、その利用の様子について紹介します。

上の写真はズッキーニの肉巻きです。ブログ仲間紹介の料理をまねたものです(笑)。とても美味しいと思います。

下の写真はズッキーニの浅漬けです。ビールのつまみにいいと思います。

ズッキーニ料理浅漬け

下の写真は肉の添え物や中華風料理です。いずれも美味しいと思います。

ズッキーニ料理肉添え物

ズッキーニ料理イカなど

ズッキーニ料理チャンプル

以上、自家菜園のズッキーニを使い、その料理を楽しんでいる様子でした。


家庭菜園 ブログランキングへ

  1. 2017/07/05(水) 10:12:59|
  2. 旬野菜料理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

ズッキーニが簡単にできた(夏の野菜)

ズッキーニ6月下旬菜園1

菜園のズッキーニが大きくなり収穫しましたので、その様子について紹介します。

上の写真は6月下旬の菜園の様子で、花が咲き始め、いい雰囲気です。下の写真は雌花の様子です。これに雄花の花粉を付け、人口受粉をしました。

ズッキーニ菜園6月下旬花

下の写真は受粉後2~3日目の様子です。もう収穫できる感じです。

ズッキーニ菜園6月下旬2

下の写真は、受粉後4日目に収穫した物です。形としては3日目がいい感じで、4日目は先が太り過ぎかもしれません(笑)。

ズッキーニ菜園6月下旬収穫物

参考までに今回の作り方を紹介しますと、種子は、園芸店で購入した「ダイナー」です。4月下旬に、万能クワで溝を掘り、そこに肥料を施用し混ぜ、点播きしました。1点あたり2粒ですが、全部発芽し、合計8株(4点X2粒)となりました。栽培中は、保温と虫除けを兼ね、防虫ネットを張り、開花が始まった6月中旬にはずしました。肥料はm2当たり発酵鶏糞500g(N成分2%)の他、尿素(N成分46%)を10g入れました。また、いつものとおり、無農薬、無耕起、無堆肥、無石灰、無畝立て、無追肥、無マルチ栽培です。

関連し、下の写真は防虫ネット栽培の様子です。手前がキューリ、向こう側がズッキーニですが、防虫ネットは主にウリハムシ防除です。これをしないと、苗のうちから攻撃を受け、葉が食われてしまいます。

ズッキーニ防虫ネット栽培


家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2017/07/03(月) 10:18:50|
  2. 夏の野菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

オカヒジキは夏の葉もの野菜の逸品だ(旬野菜料理)

オカヒジキ菜園6月下旬

7月になりました。我が家の菜園ではオカヒジキが大きくなってきました。そこで、それを収穫し食べてみましたので、紹介します。

上の写真は菜園の様子です。そして、下の写真は利用で、お浸しと赤タマネギ入りマヨサラダです。酒の肴にいいと思います(笑)。

オカヒジキ浸し


オカヒジキ入りマヨサラダ

下の写真は朝のサラダ、シュウマイの添え物、です。他の食材とのハーモニーよく美味しいと思います。

オカヒジキ入りサラダ

オカヒジキとシュウマイ

なお、オカヒジキを筋が多く硬いという方が居られますが、それは下の茎まで利用しているためと思われます。利用の時は、柔らかい新芽のところだけを使います。このため、我が家では、収穫は妻の専門領域になっています(笑)。

参考までに今回の作り方を紹介しますと、種子は、数年前に園芸店で購入し冷蔵庫に保存していたものです。4月上旬に後播種し、発芽後1株当たり1本になるよう間引きしてポット苗を作り、4月下旬に移植しました。移植後は、保温と虫除けを兼ね、防虫ネットを張り、6月上旬にはずしました。

肥料は、万能クワで植え溝を掘り、そこに施用し混ぜましたが、m2当たり発酵鶏糞500g(N成分2%)の他、尿素(N成分46%)を10g入れました。また、いつものとおり、無農薬、無耕起、無堆肥、無石灰、無畝立て、無追肥、無マルチ栽培です。


家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2017/07/01(土) 09:13:18|
  2. 旬野菜料理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

コールラビは生食も美味しい(旬野菜料理)

コールラビ菜園月下旬

コールラビが大きくなり、食べてみましたので、紹介します。

上の写真は菜園の様子、そして、下の写真は収穫物です。

コールラビ収穫物6月下旬

下の写真は利用です。生のスライスと浅漬けです。生のスライスは唐辛子マヨ味で食べましたが、柔らかくキャベツ風の香りがあり、酒の肴にいいと思いました(笑)。また浅漬けも酒の肴にいいと思いました。

コールラビ生スライス

コールラビ浅漬け

下の写真は、中華風料理です。自家菜園で採れたニンジン、ズッキーニなど沢山の素材が入っていて、これも美味しいです。

コールラビ中華風炒め

参考までに今回の作り方を紹介しますと次のとおりです。4月中旬に播種し、ポット苗を作りました。4月下旬に移植しました。1点当たり3株を立てましたが、少し多い感じがしました。次回から1点1~2株にします。

肥料は、移植前に万能クワで溝を掘り、m2当たり発酵鶏糞500g(N成分2%)と尿素10gを入れ土と混ぜました。また、いつものとおり、無農薬、無耕起、無堆肥、無石灰、無畝立て、無追肥、無マルチ栽培です。

以上、簡単ですが、コールラビを作り、楽しんでいる様子でした。


家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2017/06/29(木) 10:42:39|
  2. 旬野菜料理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

「インカのめざめ」はスープに合う(旬野菜料理)

インカのめざめ菜園5月

新ジャガの収穫や利用がブログ仲間から紹介されています。我が家では、新品種「インカのめざめ」を食べてみましたので紹介します。

上の写真は菜園5月中旬の様子で、いい雰囲気です。期待が膨らみました(笑)。6月上旬に葉が枯れましたので、収穫しました。早生品種で、イモは小さく収量はありませんが、肌は綺麗でした(笑)。

下の写真は利用です。クリームシチューと肉ジャガですが、「インカのめざめ」は黄色い色をし、少し粘りがあり、味は濃く、美味しいと思いました。とくにスープに合う感じでした。

インカのめざめを使ったシチュー

インカのめざめを使った肉じゃが

また、下の写真は肉料理の添え物、そして、味噌汁です。これらも美味しいと思います。

インカのめざめを使った焼肉

インカのめざめを使った味噌汁

調理した妻によると、皮が薄く剥きにくいということで、皮むき無しで食べるのが普通かと思います。

以上、簡単ですが、新ジャガ「インカのめざめ」を食べた様子でした。


家庭菜園 ブログランキングへ
 
  1. 2017/06/27(火) 11:01:10|
  2. 旬野菜料理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
前のページ 次のページ