FC2ブログ

野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

菜園の「さくらんぼ」を食べる

さくらんぼ種子袋


菜園の「さくらんぼ」を食べる(秋の野菜)

最近、売り出されたラデッシュ品種に「さくらんぼ」があります。上の写真がその種子袋ですが、色鮮やかな玉です。そこで、作ってみましたので紹介します。

下の写真は収穫物です。確かに「さくらんぼ」のように赤く、なかなかの色合いです。

さくらんぼ収穫物

下の写真は利用で、生野菜サラダです。その赤色は新鮮で食欲をそそります(笑)。しかし、味は普通のラデッシュ(二十日ダイコン)でした(笑)。

さくらんぼ入りサラダ2

さくらんぼ入りサラダ

下の写真は菜園の様子です。

さくらんぼ菜園11月

参考までに今回の栽培法を紹介しますと次のとおりです。10月上旬に、万能クワで播種溝を掘り、そこにm2当たり発酵鶏糞300gの他、尿素を10g入れ土と混ぜました。播種溝を踏み固めた後、散播し覆土しました。栽培中は、防虫ネットを張り、収穫期直前にはずしました。また、いつものとおり、無農薬、無耕起、無堆肥、無石灰、無畝立て、無追肥、無ビニールマルチ栽培です。


家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2018/11/13(火) 14:25:23|
  2. 秋の野菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

美味しい茹で豆

落花生収穫物


美味しい茹で豆(秋の野菜)

寒くなってきました。季節は晩秋という感じでしょうか。そんななか、関東地方には茹で豆という美味しい食べ物があります。採りたての落花生を塩茹でして食べるというシンプルなものですが、食べ慣れると、香りと味がよく、病みつきになる食べ物です。

そこで、家庭菜園愛好家としては、自分の菜園で落花生を作り、茹で豆にして食べるというのが楽しみとなります。我が菜園も数年前から実践しておりますので、紹介します。

上の写真は収穫物です。水洗いが終わった後の様子です。

下の写真は茹で豆です。大粒と小粒が混じっていますが、大粒が茹で豆用品種、小粒がピーナッツ用品種です。我が家ではどちらも茹で豆で美味いと思っています。

落花生茹で豆(摘み)

下の写真は茹で豆用品種の中身です。今年のものは良質と思います。そして味も良好でした。酒、焼酎お湯割りに最高の摘みになりました(笑)。

落花生の茹で豆の中身

関連し、下の写真は10月中旬の菜園の様子です。4mの畝2本作りました。

落花生菜園10月

下の写真は収穫直前の引き抜いた時の様子です。今年は、7月と8月が雨不足で乾燥害、9月が雨多く曇天で、気象条件は不適でしたが、それなりの収穫でした。

落花生の根と実10月

参考までに今回の栽培法を紹介しますと次のとおりです。

5月上旬に、万能クワで播種溝を掘り、そこにm2当たり発酵鶏糞300gの他、尿素を10g入れ土と混ぜました。種子は、園芸店で購入し、1日水に漬けた後、播種しました。播種溝は、踏み固め、点播きし、覆土しました。また、いつものとおり、無農薬、無耕起、無堆肥、無石灰、無畝立て、無追肥、無ビニールマルチ栽培です。


家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2018/11/09(金) 14:30:05|
  2. 秋の野菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カブなれど桃の味する新品種

もものすけ 収穫物


カブなれど桃の味する新品種(凡人の一句)

前回は、変わり者を見つけ新品種を作るという楽しみについて紹介しました。家庭菜園には、このほか、園芸店で販売される新品種を一早く作り、ブログに紹介するという楽しみもあります。

昨年、ブログ仲間の記事で知ったのですが、「もものすけ」という桃の味するカブ新品種が紹介されており、私も作りたくなりました。そこで、園芸店でその種を見つけ、作ってみましたので紹介します。

上の写真は収穫物です。

下の写真は、皮を剥いたところです。種子袋にベローンと皮が剥けると書いてありましたが、本当に剥けました(笑)。

もものすけ ベローンと皮が剥ける

下の写真は皮を全部剥きライスしたところです。桃のような色合いで食欲をそそります。そして食べたところ、桃のように柔らかく甘い味がしました。まさに「もものすけ」です。すごい品種ができたものです(笑)。

もものすけ スライス 柔らかく甘い

そこで、凡人の一句です。

   カブなれど モモの味する 新品種

関連し、下に、俳句絵葉書を作ってみました。この絵葉書は簡単にできます(笑)。

もものすけ 絵手紙

そして、下の写真は「もものすけ」の種子袋と菜園の様子です。

もものすけ種子袋

もものすけ 菜園の様子10月


家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2018/11/05(月) 12:58:00|
  2. 凡人の一句
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

おもしろい「ピーマンシシトウ」

ピーマンシシトウ収穫物


おもしろい「ピーマンシシトウ」(野菜と果樹の改良)

霜月(11月)となり、冬の足音を感じる季節となりました。

さて、家庭菜園の楽しみに、変りものを見つけるという品種改良があります。関連し、昨年、「ジャンボシシトウの中にピーマンに似たシシトウがあったこと」を紹介しました。

これを「ピーマンシシトウ」と名付けていますが、今回は、この「ピーマンシシトウ」の今年の様子について紹介します。

上の写真は「ピーマンシシトウ」の収穫物です。たいへんピーマンに似ていますがシシトウです。ピーマンより皮が薄く、種が少なく、種除去は要らないようで、調理しやすくなっています

下の写真は利用で、ナスとの油炒めです。赤いのは熟したジャンボシシトウです。辛くはありません。「ピーマンシシトウ」の味ですが、少し甘味があり、食感はピーマンのようです。

ピーマンシシトウ、ナスとの炒め

下の写真は卵とじです。生野菜を添え、柔らかで食べやすい食材となっています。

卵とじピーマンシシトウ、

下の写真は10月下旬の菜園の様子です。

ピーマンシシトウ菜園10月下旬

下の写真は実の様子です。この実から種を取り、来年も検討予定です。ご期待ください。

ピーマンシシトウ、次年用種


家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2018/11/01(木) 08:47:47|
  2. 野菜と果樹の改良
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

甘いけど 種が多過ぎ アケビくん(凡人の一句)

アケビの木と実10月


甘いけど種が多過ぎアケビくん(凡人の一句)

家庭菜園の楽しみに、育てる、収穫する、食べる、という三つの楽しみがあります。なかでも、食べる楽しみは一番かと思います。

私は福島の出身ですが、少年時代、秋になるとアケビを食べに山によく行ったものです。戦後の甘いものが少なかった時代、アケビは最高のデザートだった感じがします。

そんな少年時代の思い出に誘われ、アケビを育て、秋に食べる楽しみを味わうこの頃です。

関連し、上と下の写真は、我が家の軒先のアケビです。今年も良く実っています。台風が来ましたが、熟する前のときだったせいか、被害は軽微でした

アケビの木10月

下の写真は収穫物です。大きいサイズと小さいサイズがありますが、小さいものは5枚葉のアケビで受粉用に植えているもので、美味しくありません。

アケビの実(10月)

美味しいのは3枚葉の大きなサイズの実です。そして下の写真は、その中身です。ジューシイでとろけるような甘い実です。残念なことは、種が多いことです(笑)。

アケビのジューシイな果実

そこで凡人の一句です。

   甘いけど 種が多過ぎ アケビくん

アケビを食べ、厳しくも楽しかった少年時代(昭和の日々)を懐かしむこの頃、という感じでしょうか。事実、平成も来年4月には終わり、昭和はますます遠くなる感じのするこの頃です。

関連し、下に「俳句絵手紙」を作ってみました。

アケビ俳句絵手紙

なお、アケビ栽培に関心のある方は、拙ブログ左側(最上)にあります検索フォームに「アケビ」といれ、検索(クリック)しますと、栽培法を含め、今までの記事を見ることができます。


家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2018/10/28(日) 14:33:19|
  2. 凡人の一句
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

美味しいキウイヨーグルト(果樹)

キウイ、レインボーレッド収穫物


美味しいキウイヨーグルト(果樹)

キウイはビタミンC豊富で、私たち高齢者は毎日食べるのが良いと言われているフルーツです。我が菜園で今年も採れていますので紹介します。

上の写真は9月下旬に収穫した早生のレインボーレッドです。レインボーレッドは甘味が強く、特に孫の子供たちに人気で早速送付しました(笑)。

キウイは熟させて柔らかくなったところで食べます。関連し、下の写真は、リンゴの出すガス(エチレン)でキウイを熟させている様子です。こうすると、硬かったキウイも1週間で柔らかくなり食べることができます。

キウイをリンゴで熟させる

下の写真はレインボーレッドの中身です。暑かった夏の天候のせいなのか、今年は甘味が強すぎる感じです。

熟したキウイ、品種はレインボーレッド

下の写真は10月上旬の菜園の様子で、品種は中生のゴールドですが、間引きが足りなかったようで、小粒がぎっしり成っている感じです。小粒なので交際の果樹にするは心苦しいですが、食べきれないので友人に配っています(笑)。

キウイ菜園10月、品種はゴールド

下の写真はレインボーレッドとゴールドを使ったキウイヨーグルトです。リンゴとバナナに加え季節のイチジクも入れてあり、豪華です(笑)。キウイの甘味と香り、ヨーグルトの酸味のハーモニーが良いのか、たいへん美味しいと思います。

キウイとヨーグルト(美味しい)

参考までに、我が菜園のキウイの作り方を紹介しますと、冬と春の剪定がすべてと思われます。興味のある方は、拙ブログ左側にあります検索欄に「キウイ」と入れ、クリックしますと、剪定法など今までの記事を見ることができます。キウイ剪定の記事は拙ブログの人気記事となっております。


家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2018/10/24(水) 13:06:36|
  2. 果樹
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

美味しい間引きダイコン葉(秋の野菜)

収穫物ダイコン葉


美味しい間引きダイコン葉(秋の野菜)

間引き菜は家庭菜園の楽しみの一つと言われます。特に青首ダイコンの間引き菜は美味しく、我が家の人気野菜になっています。今回は、その美味しいダイコン葉について紹介します。

上の写真は間引きダイコンの収穫物です。ダイコンの間引きは2回行いますが、1回目が土寄せを兼ねて発芽直後、2回目が最終段階で播種1か月後のかなり大きくなってからです。今回の収穫物は播種1か月後に間引きのものです。

下の写真は菜園の様子です。防虫ネットを外し、間引きした直後の様子です。たいへん揃いがよく、いいダイコンが期待できそうです。

ダイコン葉菜園10月

なお、台風害は、防虫ネットを掛けていたため、軽微でした。参考までに、下の写真は、ダイコンの隣の防虫ネットですが、土寄よせしているためネットはピーンと張っていて、強風によるすそまくりはありませんでした(笑)。

防虫ネットダイコン葉となりの

下の写真は利用です。ダイコン葉と焼き油揚げのミックスですが、ダイコン独特の甘味と味があり、たいへん美味しいと思います。

ダイコン葉と油揚げミックス

また、下の写真はみそ汁です。ダイコン葉の根の部分も入っていますが、ダイコン葉入りみそ汁は初秋を感じさせます。

ダイコン葉入りみそ汁


家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2018/10/20(土) 08:43:37|
  2. 秋の野菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
前のページ 次のページ