野菜を食べやさい

任地マダガスカルから、食と健康、自然との共生、日本人のルーツ、マダガスカルとアフリカ等について発信いたします。菜園については帰国時の春に紹介します。

無理に塩分控える必要なし(食と健康 2017.2.10)

ガソリンスタンドの花2

「減塩で17%の人が血圧上がる 無理に塩分控える必要なし」という記事が阿修羅掲示板に紹介されていました。

高血圧は、私達高齢者の大敵です。そこで血圧が上がらないように減塩が勧められていますが、減塩しすぎてもいけないことだと思います。関連し、今回は、この記事について愚考します。まず、その記事の一部を紹介しますと、次のとおりです。

1988年にはロンドン大学などがイギリス、アメリカ、日本など32か国、約1万人を対象に大規模疫学調査「インターソルトスタディ」を行なった。この調査では、1日の塩分摂取量が6~14グラムの人たちには、塩分摂取と高血圧に相関関係が見られないという結果が出た。
 日本人が平均的に摂取する塩分摂取量は10~12グラムなので、普通に食事している分には塩分は高血圧の原因とはならないというわけである。管理栄養士の内野未来氏の話。
「しょうゆは大さじ1杯(15ミリリットル)で約3グラムの塩分を含みます。ほうれん草のおひたしなどにかけるしょうゆは、使っても2~3ミリリットル、塩分でいえば0.4~0.6グラム程度です。そういった細かいところまで気にする必要はないでしょう」(引用終了)

まとめますと、1日の塩分摂取量が6~14グラムの人たちの血圧に差異がないことになります。また、その記事では、減塩しすぎると高血圧になることも指摘されていました。

素人考えですが、減塩しすぎると、塩分が少ないため細胞内の水分が減り、その結果、細胞そして血管が堅くなり、高血圧になるのかな、と思います。

関連し、拙ブログでは、「長野県は塩分摂取量は全国で2位と高めだが長寿日本一」 であることを指摘したことがあります。

結論として、塩分の過剰摂取も過剰な減塩も問題という感じでしょうか。

なお、上と下の写真は、記事と関係ありませんが、マダガスカルのガソリンスタンドの隅に植えてある花の様子です。けっこう手が入っています(笑)。

ガソリンスタンドの花1

また、下の写真は、以前にも紹介したことがありますが、マダガスカル首都にあります美しい城壁の様子です。

美しい城壁1

美しい城壁2


家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2017/02/09(木) 23:42:54|
  2. 食と健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

動物性脂肪を食べると脳梗塞になりにくい(食と健康 2017.1.29)

ラーメン脂身肉利用2

動物性脂肪は悪者じゃない! 脳梗塞リスク減らすバターやラードという記事が阿修羅掲示板に紹介されていました。

脳梗塞は高齢者の大敵です。そして、動物性脂肪は血中のコレストロールを増やし、血管を細くし、脳梗塞の原因になると言われてきましたが、逆のようです(笑)。まず、その記事の一部を紹介しますと次のとおりです。

これまで悪者として扱われていた動物性脂肪は、一時的に血液中のコレステロール値を上げるが、長期的には値は変わらないということが、ビジネスマン研究などから明らかになっている。国内では17年間にわたって脳梗塞の死亡率と摂取した食品成分の関係を調べた「広島成人健康研究」がある。この調査では、動物性脂肪を摂るほど脳梗塞になる危険度が低くなることがわかっている。
 こうした研究を受け、日本脂質栄養学会が中心となり、リノール酸が豊富な植物油は減らしたほうがいいという指針を出している。(引用終了)

まとめますと、動物性脂肪は取っても問題ないこと、むしろ体にいいことと思われます。沖縄で長寿の人は、脂身の多い豚肉を食べているからと言われてきましたが、本当のようです。

そして、私の勝手な愚推ですが、動物性の脂身は、その性質からむしろ血管の膜を柔らかくするなどの効果があり、脳梗塞を防ぐ効果があるのでは、と思っています。

関連し、上の写真は脂身の入った豚肉加工品を使ったラーメンです。私は毎昼のように食べていますが、たいへん美味しいと思っています(笑)。

ラーメン脂身肉利用1

なお、こうした「食と健康」に関心のある方は、拙ブログ左側にありますカテゴリー欄の「食と健康」をクリックしますと、今までの記事を読むことができます。

また、下の写真はマダガスカル高地のスイレンです。スイレンの花の命は長く、長く楽しむことができる感じです(笑)。私は、いつも、日本女性はスイレンのようだと思っています(笑)。

マダガスカル高地夏のスイレン1

マダガスカル高地夏のスイレン2


家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2017/01/29(日) 00:04:26|
  2. 食と健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

歳をとったら魚肉と野菜は100歳長寿への道(食と健康 2017.1.27)

マダガスカルの牛2

「寿命を延ばす食べ物」「寿命を縮める食べ物」検証という記事が阿修羅掲示板に紹介されていました。私たち高齢者に重要な情報と思われますので紹介します。

まず、記事の一部を紹介しますと次のとおりです。

10月18日放送の『この差って何ですか?』(TBS系)では、日本全国の100歳以上の高齢者100人に「1週間で3日以上食べている食べ物は何ですか?」というアンケート調査を行なったところ、第1位は「豚肉」、第2位は「豆腐」、第3位は「鶏肉」、第4位は「鮭」、第5位は「キャベツ」という結果が出た。トップ3の食べ物のうち、2つが“肉”だったのだ(「牛肉」は第13位)。
「50歳以上の男女6381人を対象に、たんぱく質の摂取割合によって、「低」「中」「高」に分け、18年間追跡調査を行なったところ、50~65歳の「高」群の全死因の死亡率は、「低」群より74%も高く、がんによる死亡リスクが4倍に増加したという。ところが、65歳を過ぎた層では、逆に「高」群が他の群より、全死亡率もがんによる死亡リスクも下がったというのである。(引用終了)

まとめますと、100歳以上の超高齢者は魚肉と野菜をきちんと食べていることだと思います。一方、50~65歳の人のタンパク質摂取が多いとガンになりやすいことですが、肉を食べ過ぎない、そして、100歳以上の超高齢者のように野菜もきちんと食べていれば問題が少ないと思われます。

なお、肉と関連し、上と下の写真はマダガスカルの肉牛です。マダガスカルのレストランメニューでは、ビーフはセブと紹介されておりますが、フランス語でしょうか。また、マダガスカルの牛肉は豚肉と同程度の値段です。安い牛肉は、エサが悪いのか、堅い肉が多い感じです(笑)。

マダガスカルの牛1

また、マダガスカルの食と関連し、下の写真はドラゴンフルーツで今がシーズンです。日本にもありますが、その赤い色は独特です。

ドラゴンフルーツ1

ドラゴンフルーツ2

ドラゴンフルーツ3

なお、このような「食と健康」記事に関心のある方は、拙ブログ左側にありますカテゴリー欄の「食と健康」をクリックしますと今までの記事を読むことができます。


家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2017/01/27(金) 00:07:12|
  2. 食と健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメと魚を食べると心筋梗塞になりにくい(食と健康 2017.1.21)

魚と飯マダガスカル海岸

「日本人の長寿の一因 米主食で心筋梗塞が少ないため」という記事が阿修羅掲示板に紹介されていました。

食と健康に関し、たいへん重要な情報と思われますので紹介します。まず、記事の一部を引用しますと次のとおりです。

武庫川女子大学国際健康開発研究所の家森幸男所長は、1983年から30年間にわたって世界保健機関(WHO)の協力を受け、世界25か国61の地域の長寿地域や短命地域で、その地域の人々が何を食べているかを調査してきた。その結果、次のことがわかったという。
「日本が世界トップの長寿国なのは、主な死亡原因とされる心臓病(心筋梗塞)が諸外国に比べて少ないためです。
 心筋梗塞の原因はコレステロールですが、日本人のコレステロール値は諸外国の平均を下回っている。なぜ低いのかというと、米を主食にしていたからだと考えます。米は脂肪が少なく、カロリーが摂れる。
 もう一つの理由は、日本人は魚をたくさん食べるから。魚にはタウリンが多く含まれていて、高血圧や動脈硬化の予防になるとされています。また、魚にはDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)も含まれており、これは血液をサラサラにする効果もあります。これにより、動脈硬化になりにくかったということです」(引用終了)

まとめますと、コメと魚を食べるとコレステロールが低めにコントロールされ心筋梗塞になりにくい、ということだと思います。歳をとったらタンパク質が重要と言われますが、魚タンパクは特にいいという感じでしょうか。

関連し、上と下の写真は、マダガスカルの海岸で食べた魚料理とレストランの様子です。レストラン外側に見えるのは海です。

魚レストランマダガスカル

また、下の写真は、毎日のように私が食べている小魚入り「まごわやさしいラーメン」です(笑)。

魚入りラーメン


家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2017/01/21(土) 00:16:17|
  2. 食と健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

髪の毛とコンブ愚考(食と健康 2017.1.19)

コンブ日本産乾物

コンブが髪の毛に良いことが知られております。一方、マダガスカルに来た日本の知人が、何を思ったのか土産にコンブを持ってきてくれました(笑)。今回は、このコンブの効果について愚考します。

上と下のの写真は、もらったコンブとそれを短く刻んだ様子です。

コンブ刻み

そして、下の写真はラーメンに入れて利用している様子で、捨てるわけにはいかないので多いときは週に5回(5枚)食べます(笑)。

コンブ入りラーメン1

コンブ入りラーメン2

そして、その効果ですが、1ヶ月過ぎたあたりから髪の毛が濃くなっているのに気がつきました。コンブを食べるようになったこと以外、何もしていませんので、この効果はコンブの効果でないかと思います。

私は65歳を超えた老人で、髪の毛が増えてもあまり嬉しくはありませんが、コンブの効果を感じたしだいです(笑)。

簡単ですが、今回はこれで失礼します。

なお、このような「食と健康」に関心のある方は、拙ブログ左側にありますカテゴリー欄の「食と健康」をクリックしますと、今までの記事を読むことができます。

また、下のマンガ絵で笑っていただけたら(笑)。

コンブとマンガ絵


家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2017/01/19(木) 00:08:50|
  2. 食と健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
前のページ 次のページ