野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

減塩はかえって危険という驚きと納得(食と健康 2016.6.25)

高血圧予防スプラウト

減塩はかえって危険]、 という、私のような減塩を実施している者には驚きのニュースが阿修羅掲示板に出ていました。その記事は次のとおりです。

「塩控えめの食事は体によくない。カナダのマクマスター大学の研究者らがこうした帰結に達した。マクマスター大学の調査には世界49カ国から13万人を越す被験者が参加。その結果、減塩にも健康に害をもたらさない最低レベルがあることがわかった。調査では減塩の必要性のある人は全人口の10%足らずで、そのほかの人たちが減塩した場合、逆に循環器、血管に支障が出ることがあきらかになった。」(引用終了)

さらには、「塩分制限で病気増の危険も…十分な摂取がかえって健康的?制限要は高血圧の人のみ?(Business Journal)」も紹介されていました。

また、食塩摂取量がもっとも多いのは何県の人だろう?(2014年)(最新)によると1日当たりの塩分摂取量は次のとおりです。

男性: 岩手(1位12.9g)、長野(2位12.6g)、青森(11位以下11.7g)、沖縄(最下位9.5g)、全国平均(9.8g)
女性: 岩手(1位11.1g)、長野(2位11.1g)、青森(11位以下9.8g)、沖縄(最下位7.8g)、全国平均(9.6g)

そこで、拙ブログのコメントですが、タイトルに驚きましたが、内容は説得力があり、妥当な結論でないかと思っています。理由は次のとおりです。

塩の採り過ぎは高血圧のもと、脳溢血のもと、と言われます。しかし、これは、体内の過剰塩分を肝臓や腎臓に問題のあるため除去できない人、あるいは、野菜不足や運動不足で血管が細く堅くなっていて危険な人の話と思われます。

上の記事から想像しますと、これら体に問題のある人達が10%で、この人達のことが強調されているのが日本社会と思われます。そして、関連し、拙ブログでは、「日本では高血圧基準が異常に低く設定されていること」、を紹介したことがあります。

我田引水になりますが、結論として、家庭菜園など適度な運動をし、野菜を食べ、肝臓と腎臓に障害のない健康な人は、減塩は必要ないと思われます。例えば、長野県ですが、味噌汁を多めに食べるよう勧めているところもあり、塩分摂取量は全国で2位と高めですが長寿日本一です(笑)。

なお、上と下の写真は、私ことですが、高血圧予防のために毎日食べているスプラウト栽培とサラダの様子です。サラダはマヨ味で食べますが、超新鮮で美味しいです(笑)。

高血圧予防サラダ


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2016/06/25(土) 00:32:55|
  2. 食と健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
<<家庭菜園と子供の食生活とガンリスク(食と健康 2016.6.27) | ホーム | 縄文時代、ツングースの人達が来た人数は年間100人未満か(日本人のルーツ 2016.6.23) >>

コメント

Re: たびいくひとさん、摂取塩多い

たびいくひとさん
貴重なコメント、ありがとうございます。

減塩が必要が人が10%居る。
確かに、誤解のないようにしないといけませんね(笑)。
草々


> おはようございます。
> 塩控えめの食事は体によくない=摂取が多くてもいい
> と拡大した解釈をしたまでです(笑)。
> 違うことは分かっていますが、自分のような塩分の採り過ぎ
> 人間には、塩分を減らさなくても良いと聞こえます(笑)
  1. 2016/06/26(日) 13:40:36 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

Re: ソルトさん、昔ながらの梅干しや、へしこがとっても旨い

ソルトさん
貴重なコメント、ありがとうございます。

ご指摘のとおり、昔ながらの梅干しや、へしこがとっても旨い、
同感です(笑)。


> おはようございます
>
> 昭和30年頃でしょうか?漬物や味噌汁を一杯食べる食生活に対して
> 塩分は敵というように食事の指導がされたようです。
> 確かにその頃は塩分摂取が多かったと思います。
>
> でも、今は随分少なくなっています。元来、塩は人間の体にはなくてはならないもの
> 極端な減塩は問題があるでしょう。
>
> 昔ながらの梅干しや、へしこがとっても旨いです。程々に食べれば良いんです。
> 私見ですが、合成保存料や着色料たっぷりのものより良いような気がします。
  1. 2016/06/26(日) 13:35:20 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

摂取塩多い

おはようございます。
塩控えめの食事は体によくない=摂取が多くてもいい
と拡大した解釈をしたまでです(笑)。
違うことは分かっていますが、自分のような塩分の採り過ぎ
人間には、塩分を減らさなくても良いと聞こえます(笑)
  1. 2016/06/26(日) 07:46:30 |
  2. URL |
  3. たびいくひと #-
  4. [ 編集 ]

おはようございます

昭和30年頃でしょうか?漬物や味噌汁を一杯食べる食生活に対して
塩分は敵というように食事の指導がされたようです。
確かにその頃は塩分摂取が多かったと思います。

でも、今は随分少なくなっています。元来、塩は人間の体にはなくてはならないもの
極端な減塩は問題があるでしょう。

昔ながらの梅干しや、へしこがとっても旨いです。程々に食べれば良いんです。
私見ですが、合成保存料や着色料たっぷりのものより良いような気がします。
  1. 2016/06/26(日) 06:34:47 |
  2. URL |
  3. 素流人(ソルト) #-
  4. [ 編集 ]

Re: nasu_to_matoさん、海水塩

nasu_to_matoさん
いつも貴重なコメント、ありがとうございます。

やはり海水塩ですか。
説得力がありますね。
草々


> 循環農法を提唱されている 赤峰勝人さんの youtube
> を見てから 海水塩を取るように心がけていました
> (岩塩は ミネラル分が抜けてしまってカスのようなもの)
> できたら 焼き塩(飯島秀行)がいいとおもいますが
> 県別の塩の摂取量などのデーターも しらべてみましたが
> 減塩減塩の大合唱で 馬鹿なことを言うやつだ としか思われませんでした
> お仲間が できたこと うれしくなってしまいました。
  1. 2016/06/25(土) 13:43:16 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

Re: Teaさん、子供と自然塩

Teaさん
追加コメント、ありがとうございます。

子供まで減塩しているとは知りませんでした。
子供は汗をかくので、減塩は問題というのは、そのとおりですね。
貴重な情報でした。
草々


> すみませんタイトル間違いですw。
>
> 保育園で子供と手を繋ぐと、妙にべたべたした手の子供がいます。
> 減塩がすぎるとこうなります、元気がいまいちです。
> 減塩、減塩と世の中で言われ過ぎて今の子供はかわいそうです。
  1. 2016/06/25(土) 13:39:42 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

海水塩

循環農法を提唱されている 赤峰勝人さんの youtube
を見てから 海水塩を取るように心がけていました
(岩塩は ミネラル分が抜けてしまってカスのようなもの)
できたら 焼き塩(飯島秀行)がいいとおもいますが
県別の塩の摂取量などのデーターも しらべてみましたが
減塩減塩の大合唱で 馬鹿なことを言うやつだ としか思われませんでした
お仲間が できたこと うれしくなってしまいました。

  1. 2016/06/25(土) 13:04:29 |
  2. URL |
  3.  nasu_to_mato #GCA3nAmE
  4. [ 編集 ]

自然塩

すみませんタイトル間違いですw。

保育園で子供と手を繋ぐと、妙にべたべたした手の子供がいます。
減塩がすぎるとこうなります、元気がいまいちです。
減塩、減塩と世の中で言われ過ぎて今の子供はかわいそうです。
  1. 2016/06/25(土) 13:00:13 |
  2. URL |
  3. tea #-
  4. [ 編集 ]

Re: Teaさん、自然塩を

Teaさん
こちらこそ、はじめまして

自然塩ですが、ご指摘のように「塩は命のもと」だと思います。
そして、食と健康は密接な関係にあると思い、拙ブログでは、野菜栽培と関連し、それを追及しています。
よろしくお願いします。
草々

> はじめまして
> いつも興味深く拝見させていただいています。
> 都会の一坪で恐れを知らず、夏はナス・トマト・キュウリ冬は葉物だけ嬉々としてやっています。
>
> 自然療法に興味があります、「あなたと健康社」の東城百合子先生は、みそ・うめぼし・たくあん、など健康の為に積極的に摂取を進めています、精製した塩でなく、必ずミネラルたっぷりの自然塩で作ったものをと指導されています。
> 塩は命のもと、砂糖はなくても生きられますが塩がなければ生きられませんと仰っています。
>
> 武田邦彦先生のユーチューブです
> http://takedanet.com/archives/1057513649.html
  1. 2016/06/25(土) 12:55:12 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

Re: たびいくひとさん、嬉しい学説?(笑)

たびいくひとさん
コメント、ありがとうございます。

嬉しい学説?というか、減塩が必要な人は10%、そのなかに、たびいくひとさんも入ってしまう、
ということでしょうか。
草々

> おはようございます。
> 家庭菜園で野菜摂取も豊富ですが、漬物やみそ汁が好きで
> 味の濃いめも災いして多塩生活だと思います。
> 「減塩はかえって危険」の説は自分には全く当てはまらず
> 多塩の危険性が問題ですね(笑)。
  1. 2016/06/25(土) 12:49:09 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

自然猿を

はじめまして
いつも興味深く拝見させていただいています。
都会の一坪で恐れを知らず、夏はナス・トマト・キュウリ冬は葉物だけ嬉々としてやっています。

自然療法に興味があります、「あなたと健康社」の東城百合子先生は、みそ・うめぼし・たくあん、など健康の為に積極的に摂取を進めています、精製した塩でなく、必ずミネラルたっぷりの自然塩で作ったものをと指導されています。
塩は命のもと、砂糖はなくても生きられますが塩がなければ生きられませんと仰っています。

武田邦彦先生のユーチューブです
http://takedanet.com/archives/1057513649.html
  1. 2016/06/25(土) 11:33:48 |
  2. URL |
  3. tea #-
  4. [ 編集 ]

嬉しい学説?

おはようございます。
家庭菜園で野菜摂取も豊富ですが、漬物やみそ汁が好きで
味の濃いめも災いして多塩生活だと思います。
「減塩はかえって危険」の説は自分には全く当てはまらず
多塩の危険性が問題ですね(笑)。
  1. 2016/06/25(土) 07:04:37 |
  2. URL |
  3. たびいくひと #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/995-c3e8a31d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)