野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

初心者の農法と自然農法(農法 2016.6.1)

青い水田の花1

新緑薫る6月となり、家庭菜園も夏野菜の本番を迎えている頃かと思います。

最近は、無肥料無耕起の「自然農法」とかが話題になっており、これは自然農法で作られた野菜です、とテレビで放映されたりもしています。魅力的な農法のためか、初心者なのにいきなり実施している方も見受けられます。

関連し、拙ブログに、初心者の農法と自然農法について質問があったりしますので、今回は、この「初心者の農法と自然農法」について愚考します。

私の感想では、「自然農法」は初心者にできる農法ではありません。これにはまりますと、ほとんどの初心者は、前回紹介の「3年飛ばずまた鳴かず」となることが予想されます。

因みに、植物の生長には、多量のチッソ(N)、リン(P)、カリ(K)の他にマグネシウムなど多数の微量要素が必要ですが、収穫と共に、これらの成分は毎年減少していき、菜園は痩せ地となっていきます。

自然農法の元祖とも言われる福岡正信翁の例ですが、「福岡さんは、自然農法開始前の10年以上の間、大量の鶏糞と石灰窒素を圃場に入れており、肥沃になったところで自然農法を始めた」、と言われております。

すなわち、自然農法では、このように、まず土を作ることが重要と思われます。このため、初心者は、緑肥を入れて土を作る、あるいは有機肥料を入れて土を作ることが求められると思います。そして、何でもよく育つような熟畑になるには20年かかるとも言われています。

関連し、私の農法で恐縮ですが、有機肥料で育てた緑肥を刈り取って表層に置き、後は微生物にまかせるだけの方法(ぐうたら農法)が最も簡単で確実な土作りと思っています。

なお、上と下の写真は記事と関係ありませんが、マダガスカルの水田に咲いていた蓮のような花です。たまたま見つけたものですが、その青く輝く花の美しさに足が止まってしまいました(笑)。ホテイアオイの仲間かもしれません。

青い水田の花2

青い水田の花3


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2016/06/01(水) 02:32:12|
  2. 農法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<マダガスカルのお墓、千の風になって(日本人のルーツ 2016.6.3) | ホーム | 3年飛ばずまた鳴かず(中国名言故事と家庭菜園 2016.5.30)>>

コメント

Re:nasu_to_mato さん、 野菜は育つもの

nasu_to_mato さん
いつも本質的なコメント、ありがとうございます。

チッソですが、同感です。
マメ科のような植物や土中の窒素固定菌が空気中の窒素を土中に入れてくれます。

問題は、その他の養分です。

これは、アフリカでも問題です。
水田は水が運んでくるので、ある程度改善できます。

畑地は、マメ科のムクナを入れたりして地力が回復するのを待つしかなのが現状になっています。
草々



> 木村秋則さんの「奇跡のリンゴ」をテレビで見て自然農法にはまり やってみましたが
> 1年目は虫食いも少なく収量もそれなりに取れたのですが
> 2年目 3年目と収穫量が極端に悪くなり
> ナスは ようやく秋になって 1個なっただけで それも硬くて食べれないものでした
> 無農薬には 大賛成ですが こんな状態になって これではだめだと 逃げ出しました
> 今でも
> 上手くやられている方でも 収量は現行農法の1/2・2/3ほどのようですね
> 自然農法には 手を出さない 私の経験から そう結論づけました
>
> 土が野菜を育てる それは 微生物・菌が野菜を育てる
> その通りだと思います
>
> チョット考え方に違いがあります
> 窒素は空気中に80パーセントもあるし・・・・
> それも これも 人が補給するものではなくて
> それも これも 微生物・菌が野菜に与えるものなのでは ないかと 思っていますが
> どうなんでしょうか?
> いつもの  答えはいつも未来からやってくる  ですが
>
> まだ 出来もしてないのに 生意気なこといってしまいました
  1. 2016/06/01(水) 21:35:27 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

野菜は育つもの

木村秋則さんの「奇跡のリンゴ」をテレビで見て自然農法にはまり やってみましたが
1年目は虫食いも少なく収量もそれなりに取れたのですが
2年目 3年目と収穫量が極端に悪くなり
ナスは ようやく秋になって 1個なっただけで それも硬くて食べれないものでした
無農薬には 大賛成ですが こんな状態になって これではだめだと 逃げ出しました
今でも
上手くやられている方でも 収量は現行農法の1/2・2/3ほどのようですね
自然農法には 手を出さない 私の経験から そう結論づけました

土が野菜を育てる それは 微生物・菌が野菜を育てる
その通りだと思います

チョット考え方に違いがあります
窒素は空気中に80パーセントもあるし・・・・
それも これも 人が補給するものではなくて
それも これも 微生物・菌が野菜に与えるものなのでは ないかと 思っていますが
どうなんでしょうか?
いつもの  答えはいつも未来からやってくる  ですが

まだ 出来もしてないのに 生意気なこといってしまいました

  1. 2016/06/01(水) 20:12:16 |
  2. URL |
  3.  nasu_to_mato #GCA3nAmE
  4. [ 編集 ]

Re: まろ様、土つくり

まろ様
いつもコメント、ありがとうございます。

土つくりは最重要、しかし簡単じゃない。
私も実感しております(笑)。
草々


> おはよございます。
>
> 土づくりの講義
> 説得力があります。
> 基本は土と改めて思いました。
  1. 2016/06/01(水) 11:28:51 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

おはよございます。

土づくりの講義
説得力があります。
基本は土と改めて思いました。
  1. 2016/06/01(水) 07:26:00 |
  2. URL |
  3. まろ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/983-22e93a59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)