野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

イチゴ苗の準備(苗半作 2016.5.12)

イチゴ5月防鳥ネット(2)

イチゴは収穫直後に食べると味と香りと甘さが強く、買ったものに無い美味しさがあり、家庭菜園ならではのものかと思います。さらには、イチゴは子供たちに人気があるため、我が家でも毎年作っています。

今回は、現在の様子と苗準備の様子について紹介します。

上と下の写真は、現在のイチゴの様子で、昨年10月の帰国時に移植したものです。カラス害予防のため防鳥ネットを張っていて見にくいですが、収穫盛期を迎えつつあります。

イチゴ5月防鳥ネット(1)

下の写真は最近の収穫物です。まだ、少し早い収穫の感じですが、新鮮で美味しいと思います。

イチゴ収穫物5月

毎年、苦労しているのは苗つくりでした。改善を図り、現在行っている方法は、下の写真にあるように、別の場所に次年用の場所を作り、除草シートの間(スリット)で苗を養成する方法です。

イチゴ苗つくり5月(1)

すなわち、ランナーが出てきたところでスリットに第一のランナー(一郎さん)を活着させ、その後、親株を6月頃廃棄します。そして、一郎さんから来年用の苗ができたところで一郎さんも廃棄します。これは9月頃になります。

下の写真は一郎さんが活着する様子です。

イチゴ苗つくり5月(2)

こうすると、苗作りで問題となる7月の雑草は除草シートが抑えてくれ、簡単に苗ができることになります。さらには、移植の必要はなく、このまま次年用の株として使うことができます。昨年は本方法で作ったイチゴ苗を用い大豊作でした。


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2016/05/12(木) 07:24:20|
  2. 苗半作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<マダガスカルに戻ります(ごあいさつ 2016.5.13) | ホーム | 緑肥ソルゴで雑草防除(緑肥 2016.5.11) >>

コメント

Re: まろ様、イチゴの味

まろ様
いつもコメント、ありがとうございます。

イチゴの味ですが、ご指摘のとおりだと思います。
自家菜園のイチゴと比べると、スーパーのイチゴは美味しく感じません(笑)。

また、緑肥、参考になれば幸いです。
草々


> おはようございます。
>
> 菜園のいちごの甘酸っぱさは菜園者の特権ですよね。
> ハウス物の苺とは違った味わいでしょう?
>
> また、いつもながら緑肥の使い方には感心致します。
  1. 2016/05/12(木) 11:41:44 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

おはようございます。

菜園のいちごの甘酸っぱさは菜園者の特権ですよね。
ハウス物の苺とは違った味わいでしょう?

また、いつもながら緑肥の使い方には感心致します。
  1. 2016/05/12(木) 07:34:09 |
  2. URL |
  3. まろ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/972-d6cd4b9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)