野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

新タマネギに花芽、理由は暖冬のためか(農法 2016.5.9)

赤タマネギと花芽の着いた白タマネギ

今年は、タマネギが太る前に花芽ができてしまったというブログ記事をいくつか見ました。そして我が菜園ですが、いくつかの株に同じく花芽ができていました(笑)。

上の写真は、花芽のできた白貯めネギの株と花芽のできていない赤タマネギの株です。残念ながら、花芽ができると、もう株は太りません。

下の写真は今年のタマネギの畝の様子で、凍霜害は少なく順調な感じでした。しかし、いくつかの株に花芽ができてしまいました。欠株のところがその花芽のできた株の場所です。

白タマネギ菜園5月

花芽のできた種類は全部白タマネギで、赤タマネギにはできていません。下の写真は、その赤タマネギの畝です。

赤タマネギ菜園5月

調べますと、 「ある一定の大きさに達した苗が、低温に一定期間あって花芽を分化し、長日条件のもとで抽苔が促進されます」、とあります。

このことから推察しますと、今年度は12月が暖冬で苗が大きくなり、1月になって低温がきたため花芽が早めにできたと推察されます。

一方、晩生種は暖冬で花芽が着きやすく、早生種は花芽ができにくいと言われます。この意味で、家庭菜園では早生種を中心に作ると問題が少ないと思われます。関連し、最近では極早生でも良く太る品種のあることが、いくつかのブログで紹介されていました。

なお、下の写真は、収穫した赤タマネギを使い生野菜サラダを作った様子です。新タマネギは本当に美味しいと思います。


赤タマネギ入りサラダ


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2016/05/09(月) 07:57:37|
  2. 農法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<サツマイモ作りは、萎れ苗、肥料、除草がポイント(農法 2016.5.10) | ホーム | 自生の太いニラを使ったニラ栽培(苗半作 2016.5.8)>>

コメント

Re: のぶっちさん、勉強になりました

のぶっちさん
コメント、ありがとうございます。

ご指摘の極早生タマネギですが、こちらの方も作れば、トウ立ち全滅のリスクは無くなるかと思います。
草々

> 去年成功して、自信満々だったので、トウ立ちには結構へこみました。
> 来年は極早生にチャレンジにすればいいんですねー。
  1. 2016/05/09(月) 19:43:24 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

Re: ネコビーバーさん、はじめまして

ネコビーバーさん
コメントありがとうございます。

マダガスカル現地でのマダガスカルジャスミンですが、興味深いジャスミンですので、見つかりましたら報告したいと思います(笑)。
草々


> 訪問コメントありがとうございました。
>
> 是非、現地でのマダガスカルジャスミンの写真があればアップをお願いいたします。
>
> 楽しみにさせていただきます。
  1. 2016/05/09(月) 19:40:23 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

勉強になりました


去年成功して、自信満々だったので、トウ立ちには結構へこみました。
来年は極早生にチャレンジにすればいいんですねー。
  1. 2016/05/09(月) 18:03:26 |
  2. URL |
  3. のぶっち #-
  4. [ 編集 ]

はじめまして

訪問コメントありがとうございました。

是非、現地でのマダガスカルジャスミンの写真があればアップをお願いいたします。

楽しみにさせていただきます。
  1. 2016/05/09(月) 14:51:49 |
  2. URL |
  3. ネコビーバー #sy32fyL2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/969-568278f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)