野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

パオパオと防虫ネットは春の野菜栽培に必須(農法 2016.5.7)

コマツナなど4月下旬

昨日、パオパオを使った美味しい2月播きホウレンソウについて紹介しました。菜園のある関東地方(つくば市)の2月は寒いですが、日差しは多く、パオパオを張って野菜を育てれば、パオパオの中は温かく野菜は簡単に育ちます。

関連し、今回は、このパオパオと防虫ネットが良質の春野菜栽培や春の夏野菜栽培に必須であることにについて愚考します。

まず、昨日の続きになりますが、上の写真は、同じくパオパオで育てた2月播きのコマツナとベカナです。妻が作ったものですが良くできていると思います。

また、下の写真は韓国レタス、ミックスレタス、サラダナですが、こちらもよくできていると思います。

韓国レタスなど4月下旬

そして、下の写真は韓国レタスの利用です。昨日紹介のホウレンソウと同じく、パオパオで寒さから守られ、かつ春の強い日差しを受け、大変美味しくできておりました。

韓国レタスの利用

一方、防虫ネットですが、こちらは夏野菜に効果的と思われます。例えば、下の写真はズッキーニの移植後にかけたものですが、ウリハムシ防除、風よけ、保温の効果があり、良い生育が期待されます。

防虫ネット5月(1)

この防虫ネットを張っている期間は1か月程度ですが、虫防除の効果は絶大です。例えば、その間、ズッキーニは健全に生育し大きくなっていること、かつ虫が寄生するのは1か月遅れるため卵を産まれても虫が発生するのが遅れること、一方、この間、天敵も発生してくるので、最大の問題である虫の被害は微々たるものになります。

また、下の写真はエダマメの防虫ネット栽培です。こちらの方は、大きなネットを使い、収穫期まで防虫ネットの中で育てます。こうすると、ウイルス病を媒介する虫が入りにくくなり、かつ実を吸汁するカメムシは完ぺきに防除でき、良質のエダマメを収穫できます。

防虫ネット5月(大サイズ)

以上のことから、我が菜園では、できるだけ防虫ネットを使い、夏野菜を作っています。



家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2016/05/07(土) 08:02:28|
  2. 農法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<自生の太いニラを使ったニラ栽培(苗半作 2016.5.8) | ホーム | ホウレンソウは冬よりも春が美味しい(旬野菜料理 2016.5.6)>>

コメント

Re: パオパオと防虫ネット

nasu_to_matoさん
コメント、ありがとうございます。

パオパオ、防虫ネットの効果は抜群です。
是非、お試し下さい。
草々

> パオパオは効果抜群ですね
> 光の透過率が90パーセントほど とはびっくりしました
> 保温効果もあるようなので いちど使ってみようと思いました。
>  
> 防虫ネットも 豆には必需品だと思います
> なしでは 残念ながら 虫だらけで食べれません
> 虫が食べない 野菜になるまでは こんなネットの 助けも必要ですね
> 紹介ありがとうございます。
  1. 2016/05/10(火) 12:28:51 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

パオパオと防虫ネット

パオパオは効果抜群ですね
光の透過率が90パーセントほど とはびっくりしました
保温効果もあるようなので いちど使ってみようと思いました。
 
防虫ネットも 豆には必需品だと思います
なしでは 残念ながら 虫だらけで食べれません
虫が食べない 野菜になるまでは こんなネットの 助けも必要ですね
紹介ありがとうございます。
  1. 2016/05/10(火) 10:54:33 |
  2. URL |
  3.  nasu_to_mato #GCA3nAmE
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/967-08358000
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)