野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

漂流老人時代と家庭菜園(菜園と人生 2016.1.14)

赤いブーゲンベリア1

あいば氏が「老後の不足資金3000万の嘘 漂流老人時代を生き抜く心構え」について解説しておりました。

家庭菜園の効果も指摘しており、興味深いので、今回は漂流老人時代と家庭菜園について愚考してみます。

あいば氏の解説によると、老後の不足資金3000万円というのは、旅行をしたり、新しい服を買ったりで、現役時代と同じ生活をした場合、それも80歳まで続けた場合のようです。逆に、つつましやかに普通の生活をしていれば、3000万なんていう資金不足は起きないということのようです。

そこで、家庭菜園ですが、これは漂流老人時代を生き抜くために有用なようです(笑)。

そして我田引水になりますが、家庭菜園を楽しみ、無農薬有機野菜を食べることができる人は、健康で長生きできるので、問題はさらに少なくなることが予想されます。さらには、健康であることは、病気治療代も少なくなるので、逆に余裕資金ができる可能性もあります。

したがいまして、家庭菜園を楽しみ、健康に生きることができる人は、漂流老人時代を生き抜く準備ができていることになります(笑)。

そして、そのために休耕地を利用する人、生ゴミを利用する人は、自然に優しい生き方であり、社会貢献に参加することができますので、理想の生き方でないかと私は思っています。

なお、上と下の写真は、マダガスカルの田舎のホテルの入口にあったブーゲンビリアです。こんなに赤く萌えている花は初めてでした。休耕地を利用し、このような花作りも、漂流老人時代生きる方法として、いいかもしれません。


赤いブーゲンベリア2


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2016/01/14(木) 00:51:36|
  2. 菜園と人生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<さゆりさんと堆肥のにおい(土作りと肥料 2016.1.15) | ホーム | マダガスカルの年末年始の音楽隊(マダガスカルとアフリカ 2016.1.12)>>

コメント

Re: nasu to mato さん、アルハンブラ宮殿の思い出

nasu to mato さん
熱いコメント、ありがとうございます。

アルハンブラ宮殿の思い出ですが、本当にすばらしい曲で、
私も、何度聞いても、何度弾いてもあきません。
草々


> 私は 楽器はハーモニカさえ 扱えないのに
> ギターを弾くことなど夢の夢ですので 弾ける方のことあこがれてしまいます  
> 何か 
> 琴線に触れるというのか
> 「アルファンブル宮殿の思い出」を聴くと いつも何か熱いものが
> 胸にこみ上げてきます
> 今日は 何回も何回もyou-tubedeで 聴いています
> そして もう10年ほど前に行った スペイン旅行も 思い出してしまいました
> いい思い出に したることができた きっかけ ありがとうございましす。
  1. 2016/01/15(金) 13:44:12 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

アルハンブラ宮殿の思い出

私は 楽器はハーモニカさえ 扱えないのに
ギターを弾くことなど夢の夢ですので 弾ける方のことあこがれてしまいます  
何か 
琴線に触れるというのか
「アルファンブル宮殿の思い出」を聴くと いつも何か熱いものが
胸にこみ上げてきます
今日は 何回も何回もyou-tubedeで 聴いています
そして もう10年ほど前に行った スペイン旅行も 思い出してしまいました
いい思い出に したることができた きっかけ ありがとうございましす。
  1. 2016/01/15(金) 11:56:42 |
  2. URL |
  3.  nasu_to_mato #GCA3nAmE
  4. [ 編集 ]

Re: まろ様、心強い記事、感謝

まろ様
いつもコメント、ありがとうございます。
今回は、心強い記事、というご指摘、嬉しいですね。
草々

> おはようございます。
>
> やってて良かった家庭菜園です。
> 老後でもやれる趣味があってよかったです。
> 心強い記事で気分上がります。
  1. 2016/01/14(木) 11:52:23 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

おはようございます。

やってて良かった家庭菜園です。
老後でもやれる趣味があってよかったです。
心強い記事で気分上がります。
  1. 2016/01/14(木) 08:13:39 |
  2. URL |
  3. まろ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/904-fb5f7961
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)