野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

緑肥のオートは刈取期(緑肥 2013.4.1)

緑肥オート

緑肥のオートは刈取期(緑肥 2013.4.1)

今日は久しぶりの快晴です。そして4月となりました。さて、先週、春は芽もの、と報告しましたが、緑肥のオートやクローバーも伸びてきました。そこで今日は、伸び始めたオートについて紹介します。

イネ科の作物の茎葉は、繊維と養分のバランスがよく、この結果、腐敗しやすく、土壌の団粒構造を作る素材に適していると言われます。また、茎は長く柔らかく、マルチ資材としても適しており、有機農業必須の作物となります。稲ワラも悪くありませんが、買ったものは農薬に汚染されている場合もあり注意が必要です。

イネ科の作物のうち、冬はオート、夏はソルガムがというのが多いようです。冬にオートがいいのは、耐寒性があり寒い冬でもよく育ち、早生であり、2度刈りができる点かと思われます。

写真は、オート(11月上旬播種)の現在の様子です。茎葉は伸び穂も見え、収穫を待つばかりです。これらを、私は、まず4月に1番刈りを行い、エンドウ、春播きブロッコリ等の春野菜のマルチに使います。次いで、6月の2番刈りで、ナス、キューリ等の夏野菜のマルチに使います。緑肥ですので、マルチだけでなく肥料効果もあるようで野菜はよく育つ感じがします。


家庭菜園 ブログランキングへ

スポンサーサイト
  1. 2013/04/01(月) 11:30:01|
  2. 緑肥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<伸び始めた緑肥、クローバー(緑肥 2013.4.2) | ホーム | 春は芽もの、クコの下のニラ(春の野菜 2013.3.31)>>

コメント

ご回答有難うございます。
ほっとしました。

最近は藁が高価なので
敷き藁に使えるのは助かります。
  1. 2013/04/02(火) 16:20:53 |
  2. URL |
  3. 間取作造 #Yeq.B2X2
  4. [ 編集 ]

Re: オートの春播きも可能です。

間取さん

春播きも問題ありません。私はもっぱら冬作で作っていますが、
春播きも一部で作っています。春の寒さでもよく育つということで
イネを作っていない者にとっては貴重な敷き藁作りとなります。
草々

> オートは冬でしたか、、、
> 野口種苗の燕麦には周年の記述が有ったので
> 今日播いたところです(^^ゞ
> ソルガム早速やって見ようと思います。
> 有難うございます。
  1. 2013/04/02(火) 10:11:29 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

オートは冬でしたか、、、
野口種苗の燕麦には周年の記述が有ったので
今日播いたところです(^^ゞ
ソルガム早速やって見ようと思います。
有難うございます。
  1. 2013/04/01(月) 20:08:17 |
  2. URL |
  3. 間取作造 #Yeq.B2X2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/90-39fc42b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)