野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

冬の緑肥、オート

オート(冬)


2013. 1.10  冬の緑肥、オート (農法)

土作りは野菜栽培の基本ですが、本ブログでは、その方法として堆肥は使わず、代わりに、収穫物残骸や緑肥を有機物マルチに用い、それらが自然に腐植となり土に返る方法を先に紹介しました。

関連し、ここでは冬の緑肥栽培について紹介します。栽培しているのはオートとクローバです。オートは春野菜のマルチ資材として、クローバはマメ科植物のN(窒素)固定能力に期待して通年栽培しています。今日はオートについて紹介します。

オートの種子は、園芸店で購入しました。通常は10月下旬に播種します。早く播種すると虫に食われたりしますので、早く播種するときは苗を作り10月下旬に移植します。肥料は通常の半分程度です。刈り取りは4月と6月の2回刈りです。春野菜のマルチ資材として有用です。

写真は、10月中旬に播種、11月移植したオートで1月に撮影しました。4月上旬頃には敷き草用に刈り取りできそうです。11月下旬に播種したオートは寒かったせいか、まだ小さいです(写真省略)。
スポンサーサイト
  1. 2013/01/10(木) 11:08:21|
  2. 緑肥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<冬の緑肥、クローバ | ホーム | 私の土作り>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/9-ce14367d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)