野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

養老猛司とマダガスカルの道(マダガスカルとアフリカ 2016.1.5)

マダガスカルの道1

「バカの壁」で有名な養老猛司が、その続編で、学生に「人生に道はあるのか」と聞かれ、「人生に道はない、道があるとすれば穴のある道で、その穴を埋めるのが人生だ。・・・」、と述べていました。

関連し、今回は、「養老猛司とマダガスカルの道」について愚考します。

上と下の写真は、「マダガスカルの我が谷は緑なりき」で紹介しましたサルバラチ村への道です。舗装されておらず、穴だらけの道で、このような道が20㎞ほど続いていて、この道を通過するのに車で2時間ほどかかります。

マダガスカルの道2

45年ぐらい前になりますが、私も学生の頃、自分の道をもとめてさまよったことがあります。しかし、そのようなものはない。あるのは目の前にある穴で、その穴を埋めてきたのが人生だ、という養老猛司の言葉は、今、実感としてよく分かります。

そして、目の前にあるマダガスカルの道路の穴ですが、これは私にはどうすることもできません。しかし、陰ながらその穴埋めの手伝いをしているのが今の私だ、と思っているところです。

関連し、下の地図は、サルバラチ村の場所です。首都アンタナナリボから西へ100kmほど行ったイタシー湖から、北に向かい、穴だらけの道を20㎞走ったところにあります。


サルバラチ村の場所


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2016/01/05(火) 00:17:49|
  2. マダガスカルとアフリカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<マダガスカルで「ちょうほうな」栽培(プランタ栽培 2016.1.7) | ホーム | マダガスカルの「我が谷は緑なりき」(マダガスカルとアフリカ 2016.1.3)>>

コメント

Re: ぼけっちさん、目の前の穴

> こんばんは~。
>
ぼけっちさん
コメント、ありがとうございます。
また今年もよろしくお願いします。

目の前の穴ですが、やはり、ぼけっちさんの前にもありますか(笑)。
でも、これがあるから人生ですね。
草々

> 今まさに私の目の前に穴ボコがあいています。
> それを埋めようかどうしようか迷っています。
> その穴を埋めて前に進めば後悔はしないと
> わかっているのですが・・・。
>
> 遅くなりましたが
> あけましておめでとうございます。
> 今年もよろしくお願い致します。
  1. 2016/01/07(木) 00:34:03 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは~。

今まさに私の目の前に穴ボコがあいています。
それを埋めようかどうしようか迷っています。
その穴を埋めて前に進めば後悔はしないと
わかっているのですが・・・。

遅くなりましたが
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。
  1. 2016/01/06(水) 19:26:32 |
  2. URL |
  3. ぼけっち #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/899-eec0d7b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)