野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

マダガスカルの「我が谷は緑なりき」(マダガスカルとアフリカ 2016.1.3)

サルバラチ村の緑豊かな谷風景

「我が谷は緑なりき」はイギリスの炭鉱を舞台にした名画ですが、似たような風景がマダガスカルのサルバラチ村にもありましたので紹介します。

サルバラチ村は首都アンタナナリボから120㎞ほど西へ行った山あいの村です。上の写真は、丘の上から眺めた11月の様子ですが、谷(Valley)に水田が広がり、緑豊かな美しい村です。

下の写真は、目のぱっちりした丸顔の美少女です。実物は写真よりすてきです(笑)。隣に映っているのは弟と思われますが、かなりの美少年です。その弟からみると、この村は「我が谷は緑なりき」という感じでしょうか。

サルバラチ村の美少女と美少年

下の写真は、12月の稲作風景で、足踏み脱穀機で刈り取った稲を青年達が脱穀している風景です。

サルバラチ村稲脱穀風景

下の写真は、娘たちが集めた薪を頭に乗せて山あいの道を歩いている様子です。暗いのは、雷雨が迫っているためで、娘たちが逃げるように速足で歩いています。

サルバラチ村 娘たちの薪集め風景

下の写真は、村のイベントの様子です。電気も通っていない村で、イベントのときは人々が集まります。そして、上記の美少年は、名画「我が谷は緑なりき」の主人公のように、この村で多感な少年時代を生きていくのでしょうか。


サルバラチ村 イベントに集まった人々


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2016/01/03(日) 00:23:29|
  2. マダガスカルとアフリカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<養老猛司とマダガスカルの道(マダガスカルとアフリカ 2016.1.5) | ホーム | 自然との共生と家庭菜園(ごあいさつ 2016.1.1)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/898-6303760d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)