野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

巧作は拙作に如かず(中国名言故事と園芸 2015.12.24)

赤いマダガスカルのラン

マダガスカルは、毎日のようにスコールがあり、雨期に入ったと思われます。このため、雨で空気が冷やされるのか涼しくなってきました。

今回は、こんななか、中国名言故事と園芸、第11話として、「巧作は拙作に如かず(韓非子)」について愚考します。

この名言故事ですが、難しい方法で行ったことが必ずしも平凡な方法に勝るとは言えない、むしろ、何もしない方がいいという意味でしょうか。

家庭菜園においてこのことで思い出すのが、畝立て栽培の失敗例です。私の経験でもありますが、畝立てをしてエンドウを栽培したら冬の凍霜害で全部枯れてしまった、ことがありました。

関連し、「畝立て愚考」で紹介しましたが、関東地方では、冬栽培は凍霜害対策として溝底栽培が適しており、畝立てはしない方がいいことが後で分かりました。

また、畑作には石灰が重要ということで、石灰を利用する方を多く見受けられますが、「井原農法」で有名な井原さんも指摘していることですが、ほとんどの場合、石灰は必要ないと思われます。

たとえば、我が菜園では、「石灰なしでもホウレンソウが育つこと」を紹介してきました。

理由は簡単です。我が菜園の場合ですが、使っている発酵鶏糞には土壌を中和させる金属成分(カルシウム、マグネシウムなど)が多く入っていること、さらには、我が菜園では土壌中に腐植が多く土壌が中和していることが考えられます。

まさに、「巧作は拙作に如かず」です(笑)。このことから、私は、無農薬、無耕起、無堆肥、無石灰、無畝立て、無ビニールマルチ、無追肥という、原則として発酵鶏糞と油粕施用以外は何もしない農法を実践しておりますが、今のところ順調です。

なお、上と下の写真は記事と関係ありませんが、マダガスカルの田舎のホテルで見たランの花です。可憐なランの花でした。


薄紫のラン


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2015/12/24(木) 00:43:21|
  2. 中国名言故事と家庭菜園 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<大きなアップルマンゴーの木(マダガスカルとアフリカ 2015.12.26) | ホーム | ローフードと若さと長寿(食と健康 2015.12.22)>>

コメント

Re: マリコさん、無耕起・無農薬・循環型!素晴らしいですね。

マリコさん
コメント、ありがとうございます。
しかも長文、嬉しいですね。

白取さんのブログ、拝見し、勉強させていただきます。
草々



> ささげくんさん。こんにちは。お久しぶりです。
>
> >まさに、「巧作は拙作に如かず」です(笑)。このことから、私は、無農薬、無耕起、無堆肥、無石灰、無畝立て、無ビニールマルチ、無追肥という、原則として発酵鶏糞と油粕施用以外は何もしない農法を実践しておりますが、今のところ順調です。
>
> これを日本で実践されていらっしゃるのですね。
> 素晴らしいです。これだと自然を壊さずに済みますね。
>
> 20年以上前、サライか暮らしの手帳で、お米を水田ではなく、雑草が生えてる平地にばら撒いて収穫してる方の記事を拝見したことがあります。
> これは無耕起・無畝立てですよね。
>
> 先日、宮沢賢治愛好会で講演をしていただいた白取克之さんは、若き日農業を「奈良」で学んだと仰っていました。
> 無耕起・無農薬・自給循環型等、とても興味深い内容でした。
>
> 白取さんのブログは『岩木山しらとり農場 青森の岩木さんにあるすべての固定種・在来種の自給循環型CSA農場』
> http://higashiiwakisan.blog.fc2.com/
>
> 私のブログ『野の花日記』「平凡な日々」で紹介してありますが、よかったら白取さんのブログを覧になってみてください。
>
> 農業への取り組み姿勢がささげくんさんと共通するものがあると思います。
>
> 長くなりました。ではまた(^^)/。
  1. 2015/12/26(土) 22:35:50 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

無耕起・無農薬・循環型!素晴らしいですね。

ささげくんさん。こんにちは。お久しぶりです。

>まさに、「巧作は拙作に如かず」です(笑)。このことから、私は、無農薬、無耕起、無堆肥、無石灰、無畝立て、無ビニールマルチ、無追肥という、原則として発酵鶏糞と油粕施用以外は何もしない農法を実践しておりますが、今のところ順調です。

これを日本で実践されていらっしゃるのですね。
素晴らしいです。これだと自然を壊さずに済みますね。

20年以上前、サライか暮らしの手帳で、お米を水田ではなく、雑草が生えてる平地にばら撒いて収穫してる方の記事を拝見したことがあります。
これは無耕起・無畝立てですよね。

先日、宮沢賢治愛好会で講演をしていただいた白取克之さんは、若き日農業を「奈良」で学んだと仰っていました。
無耕起・無農薬・自給循環型等、とても興味深い内容でした。

白取さんのブログは『岩木山しらとり農場 青森の岩木さんにあるすべての固定種・在来種の自給循環型CSA農場』
http://higashiiwakisan.blog.fc2.com/

私のブログ『野の花日記』「平凡な日々」で紹介してありますが、よかったら白取さんのブログを覧になってみてください。

農業への取り組み姿勢がささげくんさんと共通するものがあると思います。

長くなりました。ではまた(^^)/。
  1. 2015/12/26(土) 21:28:38 |
  2. URL |
  3. マリコ #-
  4. [ 編集 ]

Re: マウントエレファントさん、手をかけ過ぎると過保護になって

マウントエレファントさん
コメント、ありがとうございます。

ご指摘のとおり、手をかけ過ぎると過保護になって、という場面は家庭菜園では多いかもしれません。
肥料やりすぎ、とか多いですね。
草々

> 巧作は拙作に如かず…。
> 深い…。
> 確かにそうですね。
> 手をかけ過ぎると過保護になって、自分で生きるチカラを失うようなことがあるもかも…。
  1. 2015/12/24(木) 22:12:39 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

Re: agriotomeさん、勉強は続く

agriotomeさん
いつもコメント、ありがとうございます。

ご指摘のとおり、勉強は続く、です。
私も知らないことばかりです(笑)。
草々


> こんばんは。
>
> ささげくんさんの農法、無農薬、無耕起、無堆肥、無石灰、無畝立て、無ビニールマルチ、無追肥。
> 理想です。
> 私も無耕起、無畝立ては、いつでもできますが他の方法は難しいですね。
> 最近は温暖化で害虫も増えると思いますので、害虫に対する知識も要りますね。
> 譲り受けた土地で作物をと思いやっていますが、広い知識が要りますね。
> 勉強は続きます.....
  1. 2015/12/24(木) 22:09:59 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

巧作は拙作に如かず…。
深い…。
確かにそうですね。
手をかけ過ぎると過保護になって、自分で生きるチカラを失うようなことがあるもかも…。
  1. 2015/12/24(木) 20:43:08 |
  2. URL |
  3. マウントエレファント #TO/PCoV.
  4. [ 編集 ]

こんばんは。

ささげくんさんの農法、無農薬、無耕起、無堆肥、無石灰、無畝立て、無ビニールマルチ、無追肥。
理想です。
私も無耕起、無畝立ては、いつでもできますが他の方法は難しいですね。
最近は温暖化で害虫も増えると思いますので、害虫に対する知識も要りますね。
譲り受けた土地で作物をと思いやっていますが、広い知識が要りますね。
勉強は続きます.....

  1. 2015/12/24(木) 19:43:14 |
  2. URL |
  3. agriotome #-
  4. [ 編集 ]

Re: まろ様、土作り

まろ様
いつもコメント、ありがとうございます。

土作りは20年かかると言われますが、まさに、ご指摘のとおり、
経験と実績の積み重ね、と思われます。
草々

> おはようございます。
>
> 土作りの難しさ
> これでOKという域まで相当かかりそうです。
> 経験と実績の積み重ねですね。ww
  1. 2015/12/24(木) 12:07:59 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

おはようございます。

土作りの難しさ
これでOKという域まで相当かかりそうです。
経験と実績の積み重ねですね。ww
  1. 2015/12/24(木) 08:42:03 |
  2. URL |
  3. まろ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/893-f42df0dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)