野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

「おじいちゃんの桜の木」と家庭菜園(菜園と人生 2015.12.15)

おじいちゃんの桜の木(表紙)

海外生活をしていると、現地テレビはほとんど見ませんので、夜は自由時間(実は暇?)が多くなり、人によっては暇つぶしに読書というのが一つかと思います。

私もその一人ですが、最近、「おじいちゃんの桜の木」を読みました。字が大きく暗い室内でも読みやすい書でした(笑)。そこには、菜園を背景に、少年(孫)とおじいちゃんの心の交流が描かれており、この本は家庭菜園愛好家必読の書でないかと思いましたので紹介します。

舞台はイタリアの田舎町です。主人公の少年は町(都会)に住んでいますが、おじいちゃんの居る田舎(隣町)には、木登りができる桜の木(実はサクランボの木)があり、可愛いガチョーも居て、楽しいところです。

そして、木登りなどいろいろと面白いことを教えてくれるおじいちゃんが大好きです。さらには、その田舎のおばあちゃんの大きく柔らかな胸で眠るのも大好きとあります(笑)。

物語は、サクランボの木を中心に、おじいちゃんと木登りをしたこと、春には実を食べたこと、おばあちゃんが心臓病で亡くなったこと、そして、最後には市役所の道路行政のため桜の木のある土地が没収される問題が起こり、その心痛のためおじいちゃんも亡くなってしまうこと、などが、少年の純粋な気持ちを通じて物語は展開していきます。

その純粋な少年の心が道路行政から桜の木を守ろうとして最後に爆発しますが、結論として、都会にはない自然と共生する田舎生活のすばらしさが描かれていと思います。こうした場を与えてくれたおじいちゃんのすばらしさも見逃すことができません。

まさに、庭菜園愛好家(おじいちゃん)必読の書ではないでしょうか。

なお、上と下の写真は、本の表紙と目次です。


おじいちゃんの桜の木(もくじ)


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2015/12/15(火) 00:51:59|
  2. 菜園と人生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<アパートでソバの芽栽培(プランタ栽培 2015.12.18) | ホーム | 詫びながら大きなアップルマンゴーを食べる(マダガスカルとアフリカ 2015.12.13)>>

コメント

Re: マウントエレファントさん、感謝

マウントエレファントさん
嬉しいですね、このようなコメント。
よろしくお願いします。
草々


> 自然との共生でこそ、人間らしい暮らしができると最近強く感じています。
  1. 2015/12/18(金) 18:58:27 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

自然との共生でこそ、人間らしい暮らしができると最近強く感じています。
  1. 2015/12/16(水) 20:28:44 |
  2. URL |
  3. マウントエレファント #TO/PCoV.
  4. [ 編集 ]

Re: まろ様、心温まるストーリー

まろ様
いつもコメント、ありがとうございます。

ご指摘のように、この本には心温まるストーリーがあります。
スローフードなどを大切にするイタリアならではの内容でしょうか。
草々

> おはようございます。
>
> なにか心温まるストーリーのようですね。
> 無くなってから大切なことが分かる。。。
> そういう物でしょうか。。。
> 日頃の感謝を忘れずにですね。
  1. 2015/12/15(火) 12:20:35 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

おはようございます。

なにか心温まるストーリーのようですね。
無くなってから大切なことが分かる。。。
そういう物でしょうか。。。
日頃の感謝を忘れずにですね。
  1. 2015/12/15(火) 07:28:42 |
  2. URL |
  3. まろ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/889-4312021e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)