野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

バケツで堆肥、分解しにくいもの対策(生ゴミ利用 2015.12.4)

生ゴミ堆肥選別用カゴ

バケツで堆肥作り、今回は分解しにくいものについて検討します。

堆肥を作ってみますと、1か月(4週間)でほぼできることが分かりました。しかし、1か月たっても原型をとどめているものがあります。それらは、卵の殻についている膜、ジャガイモの皮、キャベツやハクサイの芯、などです。

これら未分解の有機物を土に混ぜて作物を育てますと、発芽障害などの生育障害が起きてきますので注意が必要です。

そこで、私の現在の方法ですが、キャベツの芯など1か月経っても分解しないものは、集めて、新しい生ゴミと混ぜ、再度処理することにしています。こうすると、これらの古い生ゴミには、すでに発酵菌が住みついていますので、新しい生ゴミも発酵しやすくなるのではないかと期待しています。

その集め方ですが、網目の大きなカゴを使い分けています。上の写真はその様子です。カゴは100円ショップで買い、マダガスカルに持ち込んだものですが、使えると思います(笑)。

下の3枚の写真は、篩い分け前、篩い分けした結果です。カゴに残ったものは再度バケツに戻すことになります。

生ゴミ選別開始

生ゴミ選別残骸

生ゴミ堆肥選別後


一方、卵の殻ですが、こちらの方は、これからは生ゴミと混ぜず、別に乾燥させ、プランタの最下層の敷物に使うことにしました。こうすると、卵の殻からはカルシウムが少しずつ出てきますので、プランタ内の土の酸性化を防ぐことができるのではないかと、期待しています。

なお、「生ゴミ利用」に関心のある方は、本ブログ左側のカテゴリー欄の「生ゴミ利用」を選択しクリックしますと、今までの記事を読むことができます。



家庭菜園 ブログランキングへ

スポンサーサイト
  1. 2015/12/04(金) 00:36:26|
  2. 生ゴミ利用
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ハワイ人のルーツと日本人(日本人のルーツ 2015.12.6) | ホーム | バケツで堆肥、最後の仕上げは乾燥(生ゴミ利用 2015.12.2)>>

コメント

Re: そういんぐほっぴーさん、同感

そういんぐほっぴーさん
応援コメント、ありがとうございます。

ご指摘のように、良い土が出来上がっていくのを観察するのは楽しいです。
しまみみず記事、続報を楽しみにしています。
草々


> お久しぶりです。
> 私も生ゴミの堆肥化、色々工夫しているので興味津々です!
> 夏はからからに乾燥させてみたり、段ボールコンポストなど。
> いまはしまみみずコンポストがメインです。
> 良い土が出来上がっていくのを観察するのは楽しいですよね。
  1. 2015/12/04(金) 12:13:06 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

Re: まろ様、生ゴミ探求、面白いです

まろ様
いつもコメント、ありがとうございます。

生ゴミ処理も収穫物残差処理も原理は同じで、追及していくと面白いものです。
まろ様のコメントに励まされ、探求は続けていきたいと思います。

たかが生ゴミ、されど生ゴミです
草々

> おはようございます。
>
> この探求心はいつも感心致します。
> そして続けれれていることが素晴らしい。
  1. 2015/12/04(金) 12:09:16 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

お久しぶりです。
私も生ゴミの堆肥化、色々工夫しているので興味津々です!
夏はからからに乾燥させてみたり、段ボールコンポストなど。
いまはしまみみずコンポストがメインです。
良い土が出来上がっていくのを観察するのは楽しいですよね。
  1. 2015/12/04(金) 09:09:33 |
  2. URL |
  3. そういんぐほっぴー #-
  4. [ 編集 ]

おはようございます。

この探求心はいつも感心致します。
そして続けれれていることが素晴らしい。
  1. 2015/12/04(金) 07:31:52 |
  2. URL |
  3. まろ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/884-4e7a2110
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)