野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

バケツで堆肥、最後の仕上げは乾燥(生ゴミ利用 2015.12.2)


バケツで堆肥1週目

マダガスカルのアパートで、バケツと生ゴミで堆肥を作っていることを紹介しております。前回は「生ゴミ堆肥は1か月でできる」と紹介しましたが、今回は、乾燥について紹介します。

上の写真は、仕込んでから1週間目の様子です。カビが生え、発酵による有機物分解が進んでいる感じです。しかし、かき混ぜて見ますと、水分が多い感じでした。

また、下の写真は2週間目の様子です。かなり分解が進み、生ゴミの原型がなくなりつつあります。しかし、よく見ると、こちらも水分が多い感じでした。

バケツで堆肥2週目

生ゴミは一旦乾かしてからバケツに入れ、土と混ぜて処理していますが、意外と水分が多いことが分かりました。

そこで、水分が多い場合と感じた場合は、乾かすか、乾いた土を混ぜて水分を調整するのが良い感じでした。下の写真はその天日乾燥の様子です。

バケツで堆肥天日乾燥

下の写真は、バケツに仕込んで4週間が過ぎた様子で、ほぼ出来上がった感じです。白く見えるのは卵の殻と卵の殻に着いている皮で、これらは簡単には分解されないようです。

バケツで堆肥4週目

また、1か月で分解が終わらないものに、キャベツの芯や梅干しの種などがあります。これらは、拾い集めて、再処理することになります。

そして、これら分解が終わらなかったものを取り除いた後、最後は乾燥して終わりとなります。下の写真は、その最後の乾燥をし、乾いたものをビニール袋に集めた様子ですが、これらは、肥料を含んだプランタ栽培の土として使っていく予定です。

バケツで堆肥4週目乾燥保存


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2015/12/02(水) 00:29:51|
  2. 生ゴミ利用
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<バケツで堆肥、分解しにくいもの対策(生ゴミ利用 2015.12.4) | ホーム | マダガスカルのカレーは多くの食材に合う(マダガスカルとアフリカ 2015.11.30)>>

コメント

Re: ヒロちゃん7さん、生ゴミ堆肥作り

ヒロちゃん7さん
コメント、ありがとうございます。

生ゴミ堆肥作りですが、慣れてくると簡単です。
生ゴミを出すことも無くなり、堆肥で野菜を育てることもでき、一石3鳥でしょう(笑)。
草々

> やってみようかな?
> でも 面倒みたいですが、、。
  1. 2015/12/04(金) 00:40:15 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは

やってみようかな?
でも 面倒みたいですが、、。
  1. 2015/12/03(木) 19:03:09 |
  2. URL |
  3. ヒロちゃん7 #-
  4. [ 編集 ]

Re: まろ様、土作り

まろ様
いつもコメント、ありがとうございます。

土作りですが、ようやくプランタ用の土もできてきて、これからという感じです。
暖かいせいか、有機物も発酵分解が早い感じがします。
草々


> おはようございます。
>
> いつもながらの土づくりの研究には感心させられます。
> プランター栽培でもよい野菜が採れるわけですね。
  1. 2015/12/03(木) 02:56:33 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

おはようございます。

いつもながらの土づくりの研究には感心させられます。
プランター栽培でもよい野菜が採れるわけですね。
  1. 2015/12/02(水) 07:34:16 |
  2. URL |
  3. まろ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/883-c06ec4e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)