野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

今年のクコは実りが早い(クコと健康 2015.11.5)

クコ2015年10月下旬

クコは不老長寿の妙薬とも言われておりますが、そのためか、それにあやかりたいと私たちもクコを利用しております。今回は、その収穫と乾燥について紹介します。

上と下の写真は現在のクコの木の様子です。実が小さく見えにくいのですが、びっしりと実が着いております。

クコの実2015年10月下旬

下の写真は、実を収穫し乾燥させている様子です。

クコの実乾燥序盤

下の写真は乾燥が進んだ様子です。黒くなっている実がありますが、腐った実でなくは完熟の実です(笑)。

クコの乾燥終盤

下の写真は瓶詰の様子です。10月中旬に収穫したものですが、今年は10月中旬から収穫可能で、例年より半月ほど実りが早い感じがします。

クコの保存瓶詰

クコの効能は、内臓とくに腎臓や肝臓にいいのではないかと思っております。毎年のことですが、乾燥したクコにお湯を注ぎ、そのクコ茶を飲むとおしっこの出がよくなり、むくみが取れる感じがしています。回春の効果もあると言われますが、その方面は残念ながらはっきりしません(笑)。

なお、クコの管理は、春に茂っているところの剪定をし、発酵鶏糞を、m2当たり300gを表層に施用するだけです。

「クコ」に関心のある方は、本ブログ左側のカテゴリー欄の「クコと健康」を選択しクリックしますと、今までの記事を読むことができます。



家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2015/11/05(木) 07:38:05|
  2. クコと健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<今年の秋はブロッコリーも良い(秋の野菜 2015.11.6) | ホーム | カリンジャムは宝石ルビーのようだ(果樹 2015.11.4)>>

コメント

Re: agriotomeさん、果樹

agriotomeさん
いつもコメント、ありがとうございます。

果樹の種類ですが、2アールの菜園に10種類ぐらいです。
なかでもキウイとアケビが多くあります。

クコは管理が簡単で、また健康にも良いということで重宝しておりますが、
年々増えている感じです(笑)。
草々


> こんばんは。
>
> 素敵な畑ですね。
> いったい何種類の果樹があるのですか?
> 管理も大変かもしれませんが、クコの実が自分の畑で採れるとは良いですね。。
  1. 2015/11/06(金) 07:49:39 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは。

素敵な畑ですね。
いったい何種類の果樹があるのですか?
管理も大変かもしれませんが、クコの実が自分の畑で採れるとは良いですね。。
  1. 2015/11/05(木) 20:47:41 |
  2. URL |
  3. agriotome #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/868-65e11695
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)