野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

アメリカ先住民族とパプアニューギニア系の人々(日本人のルーツ 2025.10.5)

パプアニューギニア、マンガ絵

本ブログでは、アメリカの先住民族は日本を通過しアリューシャン列島を経由して行ったマレー系(アイヌ)の人々であったことを紹介しております。

一方、アメリカの古人骨DNA調査の結果、その中に「パプアニューギニア系の人々が居たこと」が明らかになっています。

また、アメリカの先住民族には、アマゾン川北部に住むヤノマミ族が居ますが、これらの人々もパプアニューギニア系の民族であると言われています。

しかし、従来のベーリング海横断説では、これらの人々が、どのようにアメリカに辿り着いたのか説明がつかず、論議になっています。

一方、もともとマレー系の人々の中にはパプアニューギニア系の人達も居ましたので、これらの人々もアイヌと同じようにアメリカに渡ったと考えれば問題ありません。

例えば、「日本の古人骨のDNA解析」で、パプアニューギニア系の人々が居たことが明らかになっています。また、日本人を見わたしますと、日本人の中にもパプアニューギニア系の人々に似た人がいます。

これらのことから、パプアニューギニア系の人々が日本に居たことは明らかで、さらには、これらの一部の人達がアメリカにも渡ったと推察することに無理はありません。

この関係を下の図に示しました。

パプアニューギニア系の人々アメリカ移住地図

日本列島は人類移動の賑やかな大回廊であった」という記事がありますが、まさにそのとおりであったと思われます。その記事では、マレー系の人々だけでなく台湾を経由して中国南部の人々も日本列島を移動した、とあります。

今回も堅い記事でしたので、上のマンガ絵でくつろいでいただければ幸いです。



家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2015/10/05(月) 19:39:47|
  2. 日本人のルーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<マダガスカルのビワ(マダガスカルとアフリカ 2015.10.7) | ホーム | 南米のエクアドルで縄文土器が(日本人のルーツ 2015.10.3)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/846-9728ce18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)