野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

生ゴミとバケツで堆肥作り(生ゴミ利用 2015.8.1)

生ゴミ乾燥

マダガスカルのアパート生活も早いもので1か月が過ぎてしまいました。この間、生ゴミも貯まりましたが、この生ゴミを利用し、バケツで堆肥を作っておりますので紹介します。

上の写真は生ゴミを乾かしている様子です。赤いバナナの皮や卵の殻が見えます。私は、このように、過水分とならないように一旦乾かしてから処理します。

下の写真は、生ゴミをバケツに入れたところです。この後、少量の土とかき混ぜます。かき混ぜるのは1週間に1回程度で、土日の休日に行います。一個のバケツに入れる生ゴミ投入量は2週間分です。

生ゴミをバケツに入れたところ

その後、1か月は何も入れず、1週間に1回かき混ぜるだけにし、堆肥になるのを待ちます。下の写真は、その中間の様子です。少し水分が少ない感じですので、少し水を加えてやる予定です。すでに、バナナの皮などは原型がなくなっていますが、完全に発酵し、堆肥になるのを待ちます。

生ゴミ発酵中

最大の注意点は、水分です。乾きすぎては発酵が進まないし、逆に湿り過ぎると悪臭が出てきます。一般に50%程度の水分がいいと言われますが、この水分というのは、土は湿っているが、水がまったく染み出てこない状態です。

日本人専門家の話では、EM菌がないと堆肥ができないと思っている農家もいるが、現地の自然発生の菌で堆肥ができる、ということです。そこで、私は、アパートの庭の土をもらい、それを生ゴミに加え、堆肥を作っているところです。

堆肥ができたところで、また紹介します。なお、下の写真は、使っているバケツの様子です。金属製のものはアパートのベランダに置いてあったもので、骨董品のようです(笑)。


生ゴミ保存容器


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2015/08/01(土) 01:03:19|
  2. 生ゴミ利用
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<マダガスカルの真っ赤に染まった夕焼け(マダガスカルとアフリカ 2015.8.3) | ホーム | マダガスカルの果物と季節(マダガスカルとアフリカ2015.7.30) >>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015/08/03(月) 02:03:15 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015/08/02(日) 02:15:43 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re: ダメリーマンさん、生ゴミ

ダメリーマンさん
いつもコメント、ありがとうございます。

生ゴミは、扱い方で悪臭にもなるし、堆肥にもなり、面白い素材です(笑)。
草々


> こんにちは。
>
> さすが、ささげ先輩ですね。
> どんな環境でも、野菜作りの研究ですね。ww
  1. 2015/08/01(土) 15:09:31 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは。

さすが、ささげ先輩ですね。
どんな環境でも、野菜作りの研究ですね。ww
  1. 2015/08/01(土) 14:42:27 |
  2. URL |
  3. ダメリーマン #-
  4. [ 編集 ]

Re: まろ様、生ゴミで堆肥

まろ様
いつもコメント、、ありがとうございます。

マダガスカルでは、ゴミの峻別が行われていないので、生ゴミもその他のゴミも一緒で驚いています。
私だけでも生ゴミは出さないようにしたいと思っているところです。

また、生ゴミを自分で処理すると楽ですね(笑)。
草々

> おはようございます。
> 探求に余念がありませんね。
> プランターでの野菜作りに活躍でしょうか?
  1. 2015/08/01(土) 11:43:51 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

おはようございます。
探求に余念がありませんね。
プランターでの野菜作りに活躍でしょうか?
  1. 2015/08/01(土) 07:55:26 |
  2. URL |
  3. まろ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/821-8c945a5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)