野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

種は土を踏みつけてから播く(農法 2015.1.10)

踏みつけられた播種用溝

今日も晴れ。寒い朝ですが、穏やかで冬の園芸日和です。

さて、昨日、ターサイについて、菜園に種を播いて育てていることを紹介しました。関連し、10月の例ですが、私の無耕起・無畝立て栽培における播種方法、について紹介します。

上の写真は、溝を掘り肥料を入れ、踏みつけて2列の植え溝を作った様子です。この踏みつけてから播くというやり方は、故井原豊氏が家庭菜園のやり方で紹介していた方法です。

本方法は、土を踏みつけると下から毛管現象により毛管水が上がってくるので灌水しなくとも発芽しやすくなること、そして、さらさらした土を覆土に使えば発芽に必要な酸素は、地表面から受け取ることができるようになっていることがポイントかと思います。

下の写真は、左側の溝に葉もの野菜の種を散播し、隣のさらさらした土を覆土した様子です。播種後の鎮圧は行っていませんので播種後の地表面は渇いていますが、中は毛灌水のため湿っております。

播種後の覆土の様子

下の2枚の写真は発芽の様子で、順調な発芽であったことが分かります。このように、本方法は有力な発芽方法と思われます。

発芽の様子2

発芽の様子1

土がさらさらしていないと覆土に問題が出てきますが、我が菜園の土は草マルチなどの有機物施用の効果で団粒構造になり、さらさらになってきておりますので、直播が可能になったと思われます。

今まで、葉もの野菜も苗を作り、移植してきましたが、これからは直播でも行けそうです。

なお、我が菜園は不耕起ですが本場所に雑草がほとんどありません。これは、本場所に除草シートを敷いていたためです。除草シートは、草を防除するだけでなく、土の乾燥も抑えてくれますので、我が無耕起農法では重宝しています。



家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2015/01/10(土) 08:04:22|
  2. 農法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<色鮮やかな赤ネギを食べる(冬の野菜 2015.1.11) | ホーム | 美味しい冬のターサイ(冬の野菜 2014.1.9)>>

コメント

Re: チェミンさん、固い土

チェミンさん
コメントありがとうございます。

固い土の場合ですが、踏みつけは強すぎず、覆土にはさらさらした土をかけ鎮圧はしない、という感じでいけばOKと思われます。
草々


> おはようございます♪
>
> うちの畑は土が固くなりやすいので、踏んでから蒔くのはチョッと怖い気もします。
>
> 普段は苗を作らずほぼ直蒔きで作物は作ってもいますので、出来るかも!とも、思います、そろそろ葉物の種まきなどする予定ですので、やってみます!
>
> ありがとうごさいました☀
  1. 2015/01/11(日) 08:16:40 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

Re: YASUさん、毛管現象

YASUさん
いつもコメントありがとうございます。

毛管現象について理解いただき、嬉しいですね。
草々


> 踏みつけることで毛管現象が、ですか・・・。
> 耕さないというのと共通してますよね。
> 毛管現象という気付きは凄いと思いました。
> いやぁ、本当に勉強になります!
> ありがとうございますm(__)m
  1. 2015/01/11(日) 08:12:39 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

おはようございます♪

うちの畑は土が固くなりやすいので、踏んでから蒔くのはチョッと怖い気もします。

普段は苗を作らずほぼ直蒔きで作物は作ってもいますので、出来るかも!とも、思います、そろそろ葉物の種まきなどする予定ですので、やってみます!

ありがとうごさいました☀
  1. 2015/01/11(日) 07:26:21 |
  2. URL |
  3. チェミン #-
  4. [ 編集 ]

踏みつけることで毛管現象が、ですか・・・。
耕さないというのと共通してますよね。
毛管現象という気付きは凄いと思いました。
いやぁ、本当に勉強になります!
ありがとうございますm(__)m
  1. 2015/01/10(土) 21:02:26 |
  2. URL |
  3. YASU #-
  4. [ 編集 ]

Re: applemint22さん、意外な農法

applemint22さん
コメントありがとうございます。

意外な農法のように思われるかもしれませんが、家庭菜園農法で有名な故井原豊氏の農法でもあります。

理屈は意外と水耕栽培に似ていますね。
水は下から、酸素は上から十分に入ってくる条件かと思います。
草々


> 今までフカフカに耕した土にタネ蒔きするのが一般的と思っていましたが
> 土を踏みつけてから蒔くとは・・・
>
> 土壌改良してうえでのことかと思いますが、目から鱗が落ちたようです。
  1. 2015/01/10(土) 13:22:15 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

意外な農法

今までフカフカに耕した土にタネ蒔きするのが一般的と思っていましたが
土を踏みつけてから蒔くとは・・・

土壌改良してうえでのことかと思いますが、目から鱗が落ちたようです。
  1. 2015/01/10(土) 11:16:28 |
  2. URL |
  3. applemint22 #-
  4. [ 編集 ]

Re: まろ様、播種方法

まろ様
早速のコメントありがとうございます。

播種方法はいろいろとありますが、この井原方式が一番いいかなと思っています。

理にかなっていると言われると嬉しいですね。
草々


> おはようございます。
>
> 種まきは覆土鎮圧は基本でしょうけど
>
> 鎮圧覆土と常識を覆す発想ですね。
>
> でも理に適っていると思います。
>
> サツマイモの挿し穂なども同じ道理ですね。
  1. 2015/01/10(土) 09:38:32 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

おはようございます。

種まきは覆土鎮圧は基本でしょうけど

鎮圧覆土と常識を覆す発想ですね。

でも理に適っていると思います。

サツマイモの挿し穂なども同じ道理ですね。

  1. 2015/01/10(土) 08:27:02 |
  2. URL |
  3. まろ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/702-38341c5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)