野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

16年前の種子の発芽(農法 2014.12.13)

たかな種子袋表

今日は晴れ。朝は寒いですが穏やかで園芸日和です。

さて、我が菜園では、残った種は冷蔵庫に保存し、使える限り使うことにしています。関連し、「2002年産のカイラン種子の発芽」について、昨年紹介しました。今回は、16年前(1998年産)の「たかな」種子の発芽について紹介します。

上と下の写真は種子袋の表と裏の様子です。1998年6月現在の発芽率80%以上と記入されています。

たかな種子袋裏

この種を播き、発芽苗を移植したのが下の写真です。

たかな1菜園2月

今年は2014年ですので16(2014-1998)年前の種子が発芽したことになります。このことから、きちんと保存すれば、菜花類は10年以上使えることもあることがわかりました。

因みに私の種子保存方法を紹介しますと、使う種については、冬に種子袋から使う予定の量だけ取り出し別の袋に入れ、冷蔵庫に入れ保存します。一方、余った種は、金物の箱に入れ、同じく冷蔵庫に入れ保存しています。

種子の保存には、低温で乾燥している条件が良いと言われますが、関東の冬は低温で乾燥しており、種子の出し入れに良いのかもしれません。



家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2014/12/13(土) 08:23:38|
  2. 農法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<チンゲンサイの旬(冬の野菜 2014.12.14) | ホーム | 今年の秋ジャガは小粒(秋の野菜2014.12.12)>>

コメント

Re: やしまファームさん、余り種の保存

やしまファームさん
いつもコメントありがとうございます。

余り種ですが、自殖性の種は1回に全部播くと生産過剰の問題が出てきます。
そこで、少量づつ使っているうちに10年が過ぎてしまうという感じです。

種屋さんにいつも申し訳なく思っております(笑)。
草々


> これはこれは、すばらしい実験です。
> 自分も、余り種は冷蔵庫の野菜室で保存していますが、
> 10年以上前の種は扱ったことがないので、とても興味深い報告です。
> 参考書だけでなく、実際の皆さんの経験って参考になりますねぇ。
  1. 2014/12/14(日) 08:03:13 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

これはこれは、すばらしい実験です。
自分も、余り種は冷蔵庫の野菜室で保存していますが、
10年以上前の種は扱ったことがないので、とても興味深い報告です。
参考書だけでなく、実際の皆さんの経験って参考になりますねぇ。
  1. 2014/12/13(土) 21:39:22 |
  2. URL |
  3. やしまファーム #-
  4. [ 編集 ]

Re: まろ様、種子保存

まろ様
早速のコメントありがとうございます。


今回の保存種子の発芽には驚いています。
タカナのような種子ですと、買った種は1000粒ぐらい入っていますが、移植ですと使用種子は50粒ぐらいで十分ですので、いつも種子が余ります。

ご指摘のように、まさに20世紀の種になってしまいました(笑)。
草々

> おはようございます。
>
> 私も同様余った種は冷蔵庫で保管しております。
> 毎年余り種がでていましたが
> 今年はこれでも結構整理して使いきりました。
> でも流石に10年以上も前の物はありません。
> 菜園初めて5年目ですから。(笑)
>
> 20世紀の種を使用なんて流石 大先輩です。
  1. 2014/12/13(土) 13:05:32 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

おはようございます。

私も同様余った種は冷蔵庫で保管しております。
毎年余り種がでていましたが
今年はこれでも結構整理して使いきりました。
でも流石に10年以上も前の物はありません。
菜園初めて5年目ですから。(笑)

20世紀の種を使用なんて流石 大先輩です。
  1. 2014/12/13(土) 08:48:18 |
  2. URL |
  3. まろ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/674-a7663b36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)