野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

連作障害愚考、家庭菜園は連作障害が起きにくい(病害虫対策 2014.9.20)

7年輪作例

今日は曇り。まだ9月中旬だというのに10月下旬ぐらいの寒さです。

さて、初心者から連作障害についてよく質問を受けます。そこで、今回はその連作障害の正体と対策について、愚考してみます。

よくある話ですが、作物が育たないと連作のせいと思っている方が見受けられます。

連作障害は、同じ作物を毎年作っていると、これを侵す病虫害が増え、作物が作れなくなる現象です。その主な要因は、土壌に蓄積される土壌病害で、有名なものにアブラナ科に多いネコブ病菌(カビ類)、それから夏作物に発生する青枯れ病菌(細菌病)、そして多犯性のセンチューがあります。

そこで、連作障害か確認するためには、病害が出ているのか、病害がある場合、それが土壌病害か確認する必要があります。たとえばコマツナの生育が悪い場合、根を見て、根が短く根こぶができていたら連作障害で有名なネコブ病と判断します。

これら土壌病害を避ける方法として輪作が行われていますが、私の場合は、6アールの菜園を7分割し、7年輪作を行っています。上の図はその計画ですが、現在のところ連作障害は出ておりません。

ついで、土壌病害を持ち込まないことが重要です。たとえば、信頼できない苗は土壌病害を含んでいる可能性があるので使わないことです。そこで、私がしていることは、できるだけ種から育てることです。

一方、市民農園の場合は、いろいろな苗の持ち込みが多く、土壌病害も発生しやすいと言われ、ネコブ病に侵されている農園も多いと言われます。

関連し、小面積で多種類の作物を少量ずつ栽培している家庭菜園の場合ですが、基本的に連作条件ではありませんので連作障害は起きにくい環境と思われます。

しかし、土壌病害が発生してしまった場合は、隣接の土も汚染されていますので、病害がなくなるまで病害に強い品種か作物を作るしかありません。

下の写真は我が菜園の昨年秋のコマツナですが、健全に育っており、これらを侵すネコブ病は出ていない様子です。ということは、同じ仲間のハクサイやカブも作れる菜園になっています。


コマツナ連作障害なし


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2014/09/20(土) 08:33:41|
  2. 病害虫対策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
<<秋のトウモロコシ、しつこいメイチュウ(秋の野菜 2014.9.21) | ホーム | 晩播きの秋ナスは品質がよい(秋の野菜 2014.9.19)>>

コメント

Re: まろ様、感謝

まろ様
いつもコメントありがとうございます。

拙記事、園芸50年の経験をまとめていますが、参考になれば幸いです。
草々


> ささげくんサンの計算された畑作り
> いつも興味深く拝見しております。
> いかに良い野菜を作るかの思考感心致します。
  1. 2014/09/21(日) 07:32:21 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

Re: marupotetoさん、感謝

marupotetoさん
いつもコメントありがとうございます。

私の拙コメント、参考になれば幸いです。
また、連作障害が出ていないとはラッキーですね。
草々

> 3年物のナスの件。ありがとうございました。
> とりあえず今年の秋が終わるまでは頑張って
> また考える事にしました。
>
> 連作障害については今のところ大丈夫みたいですが
> 信頼できない苗の土壌病害の事は
> たしかに。と思いました。
  1. 2014/09/21(日) 07:29:37 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

ささげくんサンの計算された畑作り
いつも興味深く拝見しております。
いかに良い野菜を作るかの思考感心致します。
  1. 2014/09/21(日) 06:53:56 |
  2. URL |
  3. まろ #-
  4. [ 編集 ]

3年物のナスの件。ありがとうございました。
とりあえず今年の秋が終わるまでは頑張って
また考える事にしました。

連作障害については今のところ大丈夫みたいですが
信頼できない苗の土壌病害の事は
たしかに。と思いました。
  1. 2014/09/21(日) 01:43:29 |
  2. URL |
  3. marupoteto #-
  4. [ 編集 ]

Re: けいさん、キューリのネコブ病

けいさん
コメントありがとうございます。

キューリのネコブ病はネコブセンチュウの疑いああります。
アブラナ科のネコブ病(カビ病)とは違うので注意願います。

センチュウによる病害となると、センチュウに強い台木による接ぎ木苗の利用など考えなくてはなりません。また、センチュウに強いマリーゴールドなどを植え、センチュウ密度を減らすなどの対策が必要となります。
草々



> こんばんは!
>
> ネコブ病はキュウリもなるのでしょうか?
> 今年 キュウリが全然駄目でしたので 早めに抜いた時に根が
> ぼこぼこふくれていました。
> これってそういう事かしら?
> 少し場所を変えたり腐葉土を容れたりはいているのですが・・・。
>
> 今度は 大根の後にうえてみれば 少しは違うでしょうか?
  1. 2014/09/20(土) 19:12:07 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

Re:ゴッドばあさん、 菜園!

ゴッドばあさん
いつもコメントありがとうございます。

野菜料理のコメントについては、いつも感謝しております。
草々


> 畑の事は解りませんが、お惣菜はしっかり
> ’眼’で頂いています。v-284
  1. 2014/09/20(土) 18:55:03 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは!

ネコブ病はキュウリもなるのでしょうか?
今年 キュウリが全然駄目でしたので 早めに抜いた時に根が
ぼこぼこふくれていました。
これってそういう事かしら?
少し場所を変えたり腐葉土を容れたりはいているのですが・・・。

今度は 大根の後にうえてみれば 少しは違うでしょうか?
  1. 2014/09/20(土) 18:34:54 |
  2. URL |
  3. けい #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

菜園!

畑の事は解りませんが、お惣菜はしっかり
’眼’で頂いています。v-284
  1. 2014/09/20(土) 18:08:59 |
  2. URL |
  3. ゴッドばあさん #-
  4. [ 編集 ]

Re: 畑のジッチさん、ミニ菜園の連作

畑のジッチさん
コメント、ありがとうございます。

ミニ菜園の連作ですが、連作障害で目立つのはアブラナ科ですので、まずは根を見て判断だと思います。

また、ネコブ病はアブラナ科のほとんどを犯しますが、ダイコンの仲間はネコブ病に強いことが分かっています。
草々


> こんにちは。
> 私も不作だったら連作障害だと思う方です。
> 狭い市民農園でやってますから、連作はしょうがないと
> 考えてますが、できるだけ同じ野菜を続けないようにしてます。
> アブラナ科の野菜は多いですが、同じ科の野菜も避けた方が
> 良いのでしょうか。 ミニ菜園では無理だなと最近思ってきました。
  1. 2014/09/20(土) 17:37:17 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは。
私も不作だったら連作障害だと思う方です。
狭い市民農園でやってますから、連作はしょうがないと
考えてますが、できるだけ同じ野菜を続けないようにしてます。
アブラナ科の野菜は多いですが、同じ科の野菜も避けた方が
良いのでしょうか。 ミニ菜園では無理だなと最近思ってきました。
  1. 2014/09/20(土) 16:57:02 |
  2. URL |
  3. 畑のジッチ #-
  4. [ 編集 ]

Re: マウントエレファントさん、土壌病害

マウントエレファントさん
たびたびのコメント、ありがとうございます。

土壌病害は発生すると、長期にわたり抵抗性品種か作物を植えなくてはならず大変です。
市民農園も当たりはずれがあると思います。
草々

> 土壌病害になりにくい苗の植え方を考えたり、なったらそれに強いものを植えたり、いろいろ考えなければならないんですね。何も知りませんでした。市民農園は、なかなかむずかしそうですね。
  1. 2014/09/20(土) 16:03:44 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

土壌病害になりにくい苗の植え方を考えたり、なったらそれに強いものを植えたり、いろいろ考えなければならないんですね。何も知りませんでした。市民農園は、なかなかむずかしそうですね。
  1. 2014/09/20(土) 12:53:49 |
  2. URL |
  3. マウントエレファント #TO/PCoV.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/594-ea94c638
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)