野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

夏に除草シートを敷くと秋野菜栽培が簡単にできる(農法 2014.9.13)

キューリ後の除草シート

今日は曇り時々晴れ。ずばり園芸日和です(笑)。

その園芸日和と関連し、今回は、夏に敷いた除草シートを除去し、簡易に秋野菜を栽培する例について紹介します。

除草シートの利用については、「除草シートを使えば不耕起栽培簡単にできる」と題し、昨年紹介しました。

上の写真は、地這いキューリをかたづけた後に、除草シートを敷いた様子です。当然のことですが、シートの下には草はなく、土は湿りがあり、柔らかくなっており、剥がせば、すぐ使える状態になっています。

下の写真は、そのシートを剥がし、溝を掘り肥料を入れて混ぜ、種播きできる、あるいは移植できる状態にした様子です。

除草シート後の畝立て

このように、除草シートを使うと、除草も耕耘も必要なく、無耕起で播種や移植が可能になり、たいへん簡単に秋野菜を作ることができます。

また、秋に茎を食い荒らす大害虫のヨトウ虫が発生しますが「ヨトウ虫は除草シートで防除できる」と昨年紹介しました。

そのメカニズムを要約しますと、ヨトウ虫の成虫は8月~9月に産卵しますが、除草シートの上には産卵しませんので除草シートの周囲にはヨトウ虫は極端に少なくなります。

まとめますと、除草シートの下は草が無く、土は柔らかく、植え溝を作りやすく、無耕起栽培がしやすく、かつ、ヨトウ虫もいない、と結論されます。皆さんも試されてはいかがでしょう。



家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2014/09/13(土) 07:40:49|
  2. 農法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<日本経済撃墜と家庭菜園愚考(菜園と人生 2014.9.14) | ホーム | アバシゴーヤは柔らかく甘味があり美味しい(旬野菜料理 2014.9.12)>>

コメント

Re: マウントエレファントさん、感謝

マウントエレファントさん
コメントありがとうございます。

御指摘のように、家庭菜園が一番安心して食べられ、健康長寿によい影響を及ぼすこと、
同感です。

これからも、記事がおもしろいときは勝手ながらコメントさせていただきます。
よろしくお願いします
草々

> コメントありがとうございました。
> 家庭菜園が一番安心して食べられ、健康長寿によい影響を及ぼすと思います。
> いろいろ勉強させてもらっています。
  1. 2014/09/14(日) 07:12:33 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

コメントありがとうございました。
家庭菜園が一番安心して食べられ、健康長寿によい影響を及ぼすと思います。
いろいろ勉強させてもらっています。
  1. 2014/09/13(土) 14:24:39 |
  2. URL |
  3. マウントエレファント #TO/PCoV.
  4. [ 編集 ]

Re: まろ様、感謝

まろ様
いつもコメント、ありがとうございます。

毎年、ヨトウムシに泣かされていましたが、
おかげで昨年からヨトウムシ問題は減ってきました。
草々


> おはようございます。
>
> 改めて勉強になります。
> 老いてからも続けられる知恵を蓄えます。
  1. 2014/09/13(土) 14:01:37 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

おはようございます。

改めて勉強になります。
老いてからも続けられる知恵を蓄えます。
  1. 2014/09/13(土) 08:29:16 |
  2. URL |
  3. まろ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/587-b926f638
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)