野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

無耕起では畝立てしない、春の土嵐も少ない(農法 2013.2.26)

無耕起では畝立てしない、春の土嵐も少ない(農法 2013.2.26)

一昨日(日曜日)は風強く関東平野では砂嵐のような土嵐が吹き荒れました。特に耕起して裸地になっている畑の土埃はひどいものでした。一方、無耕起の私の菜園は土嵐の発生が少なく過ぎました。そこで、今日は無耕起と土嵐の関係について迫ってみたいと思います。

先日紹介した「ぐうたら農法」では無耕起です。無耕起では、地盤が破壊されませんので、根が腐った跡は自然の水路となったまま残り、このため水はけが良いので、無耕起では原則として畝立ての必要はありません。そこで、「ぐうたら農法」では、無農薬、無耕起、無堆肥に加え、無畝立てとなりますから、さらにぐうたらになります。当然のことですが、このような畑では、表層の多くは固まっており、かつ平畝のため吹き飛ばされる土も少なくなります。

一方、機械力にまかせ全面耕起、しかもていねいに耕起しますと、表層の地盤が壊れるだけでなく、下層に膜が張り、自然の排水路に目詰まりを起こしますますので排水が悪くなります。こうなると、湿害対策として畝立てが必要となります。しかし、畦立てすると、上層部は乾燥が進み、土嵐のもととなります。さらには、先日の報告では、冬に畝立てすると乾燥害としてグリンピース苗が枯死する例を示しました。

また、畝立てが無い場合でも、耕起後の土は2層構造になり下からの毛管水が上がってきませんので、乾燥が早くなります。この結果、畝立てが無くとも表面の乾燥が進み土嵐が舞い上がりやすくなります。

もともと、関東ローム層の土は軽い火山灰で形成されており土埃となって舞い上がりやすいと言われます。耕起をした後は緑肥の麦を播くとかして土嵐が少なくなるようにお願いしたいところです。写真は菜園の近くの「つくば山」の見える耕起が済んだ畑ですが、この畑の土が砂嵐ならぬ土嵐を起こしました。自然は容赦しません。

土嵐を呼ぶ畑


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2013/02/26(火) 11:19:41|
  2. 農法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<サラダ用ホウレンソウの収穫(冬の野菜 2013.2.27) | ホーム | ふかふかの土の問題(農法 2013. 2.25)>>

コメント

>お持ちの耕運機については、植える場所だけ耕うんするとか、夏だけ使うとか、サツマイモの畝立て
>に使うとか、いろいろ出番があると思います。

なるほど無耕起栽培と言ってもまったく
耕してはいけないと言うわけではないのですね
良かったです
もっと勉強しなくては、、、、

これからもよろしくお願いいたします。
  1. 2013/02/27(水) 11:46:15 |
  2. URL |
  3. 間取作造 #Yeq.B2X2
  4. [ 編集 ]

Re: 春の土嵐は関東平野部だけではないのですね

ノリじい 様 いつもコメント、ありがとうございます。

春の土嵐は、関東の平野部だけでなく、神奈川の方もひどいのですね。

> こんばんはー
> これからの季節では、風の強い日に土嵐が凄いです。
> 南側の畑には遮るものはないので野菜にも影響し
> 迷惑してしまいます。
  1. 2013/02/27(水) 09:09:18 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

Re: 植える場所だけ耕うんする方法もあります

間取作造 様 コメント、ありがとうございます。

お持ちの耕運機については、植える場所だけ耕うんするとか、夏だけ使うとか、サツマイモの畝立て
に使うとか、いろいろ出番があると思います。


> 先日耕運機を買ってしまいました。
> もう少し前にこのブログに出会っていれば、、、、
  1. 2013/02/27(水) 09:04:53 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

こんばんはー
これからの季節では、風の強い日に土嵐が凄いです。
南側の畑には遮るものはないので野菜にも影響し
迷惑してしまいます。
  1. 2013/02/26(火) 22:17:25 |
  2. URL |
  3. ノリじいさん #-
  4. [ 編集 ]

先日耕運機を買ってしまいました。
もう少し前にこのブログに出会っていれば、、、、

  1. 2013/02/26(火) 14:25:30 |
  2. URL |
  3. 間取作造 #Yeq.B2X2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/57-dd06aa96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)