野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

ホウレンソウ「寒味」は晩生で作りやすい(春の野菜 2014.5.12)

ホウレンソウ寒味収穫物

今日も晴れ、少し雲があり、暑さは和らぎ、園芸日和です。

さて、春のホウレンソウ「リード」については先週紹介しましたが、ちぢみホウレンソウ「寒味」(かんあじ)も収穫期を迎えておりますので紹介します。

上の写真は収穫物で、葉が厚く柔らかそうです。

下の写真は、平凡ですが「おひたし」です。肉厚で柔らかく、味よしですので、たいへん美味しくできています。これをかつおぶし醤油味でいただきますと焼酎お湯割りが進みます(笑)。

ホウレンソウ寒味おひたし

下の写真は菜園の様子で、右側の花芽が伸びている品種は、4月に紹介しました「早生サラダあかり」というサラダ用品種です。同時期に播種し移植したものですが、名前のとおりの早生品種でもう花芽が伸びて、終わっています。

ということは、「寒味」は、春播きホウレンソウとしては、収穫期間が長く、家庭菜園向きとなります。

参考までに今回の作り方を紹介しますと、作り方は上記で紹介しました「早生サラダあかり」と同じですので、興味のある方は参照願います。


ホウレンソウ寒味と早生サラダあかり5月


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2014/05/12(月) 10:08:26|
  2. 春の野菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<韓国レタスの旬(春の野菜 2014.5.13) | ホーム | アスパラ菜と中国菜芯(春の野菜 2014.5.11)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/465-837d4e2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)