野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

アスパラ菜と中国菜芯(春の野菜 2014.5.11)

アスパラ菜収穫物5月

今日も穏やかに晴れ、昼は暑くなりそうですが、園芸日和です。

さて、花芽と花軸(茎)を食べる中国菜芯については、「中国菜芯の旬」として1週間前に紹介しました。関連し、ほぼ同じように花芽と花軸を食べるアスパラ菜(オータムポエム)も収穫しておりますので、比較しながら紹介します。

上の写真は収穫物です。そして、下の写真は、左側2本がアスパラ菜、右側2本が中国菜芯で、ほとんど差がありません。注意してみると、左側のアスパラ菜の花が大きく、茎が柔らかそうです。

アスパラ菜と中国菜芯

下の写真は、平凡ですが、アスパラ菜のおひたしです。これを、マヨ味で食べますと、茎は、柔らかく甘くアスパラガスのような食感があり、アスパラ菜と呼ばれる所以でもあります。

アスパラ菜のおひたし

一緒に採れている中国菜芯と比較しますと、アスパラ菜の方が柔らかく、甘味も強く、美味しく感じます。ということは、中国菜芯の危機です(笑)。

下の写真は菜園の様子で、左側の葉の細い方が中国菜芯、右側の葉が広く丸まっている方がアスパラ菜です。分かりにくいですね(笑)。

結論として、アスパラ菜と中国菜芯は似ていますが、アスパラ菜があれば中国菜芯は必要ないと思われます。これも品種改良の成果と思われます。

なお、作り方については、先に紹介しました中国菜芯と同じですのど、そちらを参照願います。


アスパラ菜と中国菜芯5月


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2014/05/11(日) 07:28:13|
  2. 春の野菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ホウレンソウ「寒味」は晩生で作りやすい(春の野菜 2014.5.12) | ホーム | 緑肥「赤クローバー」の刈り取りと増殖(緑肥 2014.5.10)>>

コメント

Re: M.Ishiさん、感謝

M.Ishiさん
応援コメント、ありがとうございます。

なお、アスパラ菜はオータムポエムとも呼ばれていますが、種子に秋用と春用がありますのでご注意願います。
当然のことですが、今回は春播き用を使いました。
草々

> こんにちは、M.Ishiiです。
>
> 以前から一度育ててみたいと思っているアスパラ菜なんですけど、
> 中国菜芯と見た目が似ているので何が違うのが知りたかったんですよ。
>
> 今回こちらの記事で比較されているのを拝読させてもらい、
> このモヤモヤ感を払しょくすることができ、今秋以降の栽培計画に
> 盛り込みたいと思います。いつもためになる情報ありがとうございます。
>
> それでは、いつもの応援ぽちっ!!
  1. 2014/05/12(月) 12:15:08 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは、M.Ishiiです。

以前から一度育ててみたいと思っているアスパラ菜なんですけど、
中国菜芯と見た目が似ているので何が違うのが知りたかったんですよ。

今回こちらの記事で比較されているのを拝読させてもらい、
このモヤモヤ感を払しょくすることができ、今秋以降の栽培計画に
盛り込みたいと思います。いつもためになる情報ありがとうございます。

それでは、いつもの応援ぽちっ!!
  1. 2014/05/12(月) 11:25:01 |
  2. URL |
  3. M.Ishii #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/464-be4f6fdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)