野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

緑肥「赤クローバー」の刈り取りと増殖(緑肥 2014.5.10)

赤クローバー菜園4月

今日は薄曇りの晴れで、日差しは和らいでいて、まさに園芸日和です。

さて、緑肥は、堆肥を入れない我が菜園にとっては重要な土壌改良剤であります。昨日は、その緑肥の一つである白クローバーについて紹介しましたが、赤クローバーも大きくなってきましたので、その様子と増殖の仕方について紹介します。

上の写真は周囲に植えてある赤クローバーです。花はまだです(笑)。

下の写真は、刈り取った様子です。側の枯草は刈り取った赤クローバーが天日で枯れた様子で、乾いたら集めて敷きわら等の緑肥に使う予定です。

赤クローバーの刈り取りと乾燥

下の写真は、刈り取った後、包丁で2分割し、片方を隣に移植した様子です。昨年は、これより小さい4分割した株が全部生き残りましたので、移植はほぼ成功と思われます。赤クローバーは白クローバーのように広がって増殖しませんので、このように移植して増やしております。

赤クローバーと白クローバーは同じマメ科の植物で、チッソ固定能力が高く、これらの茎葉を敷き草(マルチ)に使えば、自然と土が肥えてくると期待されます。そこで、このように、周辺など空き地があれば移植して増やしていくことにしています。

なお、赤クローバーのいいところは、丈が長く使いやすいこと、雑草化しないことと思われます。

以上、赤クローバーの様子でした。


赤クローバーの移植


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2014/05/10(土) 07:55:35|
  2. 緑肥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<アスパラ菜と中国菜芯(春の野菜 2014.5.11) | ホーム | 緑肥「白クローバー」の刈り取りと土作り(緑肥 2014.5.9)>>

コメント

早々の回答ありがとうございます。
勉強になります。
今後も宜しくお願い致します。
  1. 2014/05/11(日) 07:56:17 |
  2. URL |
  3. まろ #-
  4. [ 編集 ]

Re: まろ様、クローバーについて

まろ様
コメント、ありがとうございます。

クローバーについて回答しますと、白クローバーは種から増やしました。
秋播きですと、翌春に刈り取りできます。

赤クローバーは野生の一株から4分割しながら増やしましたが、種もあるようです。
同じく、秋播きですと、翌春に刈り取りできるようです。
草々

> クローバーに白と赤があるなんて初めて知りました。
>
> 初めての場合のクローバはどれくらいの量をいつ頃移植され
>
> 緑肥と使えるようになるまでの期間はどれくなのでしょうか?
>
> ご教授お願いします。
  1. 2014/05/10(土) 13:38:04 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

クローバーに白と赤があるなんて初めて知りました。

初めての場合のクローバはどれくらいの量をいつ頃移植され

緑肥と使えるようになるまでの期間はどれくなのでしょうか?

ご教授お願いします。
  1. 2014/05/10(土) 08:48:06 |
  2. URL |
  3. まろ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/463-c6eba0b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)