野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

テントウムシはどこに居るのか(病害虫対策 2013. 2.15)

テントウムシ幼虫

風はまだ寒いですが、オートも茎立ち始め、だいぶ春めいてきました。そして、そのオートですが、昨年は、このオートのなかにテントウムシの成虫が多数いることを発見し感動したものです。そこで、今日は、オートの生育に因んで、そうしたオートに住んでいるテントウムシについて愚考します。

テントウムシは、野菜の大害虫であるアブラムシの天敵であることから、殺虫剤を使わない家庭菜園には頼もしい味方です。一方、アブラムシは、吸汁害だけでなくウイルス病を媒介する恐ろしい害虫で、そのグロテスクな様相もあり、大変嫌われています。

私は、たまたま、ハクサイの中で増殖しているアブラムシをテントウムシの幼虫が食べ増殖しているのを見ました。上記写真は11月中旬頃のものですが、テントウムシの幼虫がハクサイの表面にたくさん群がって居ます。やはりテントウムシはアブラムシが好物のようです。

なお、アブラムシの生態を調べてみますと、アブラムシが大発生するのは天敵の少ない春と秋だけで、夏は天敵が多いので多くは食われてしまい、冬は寒いので増殖の動きはにぶく少ないようです。

一方、下記写真は茎が伸び始めました11月上旬播種のオートの現在状況ですが、昨年このなかに居たテントウムシは、今年は寒いせいかまだ見当たりません。そろそろかもしれません。

早春のオート


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2013/02/15(金) 13:35:49|
  2. 病害虫対策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<夏ダイコンはバンカープランツになるのか(病害虫対策 2013. 2.16) | ホーム | 「癒しのガーデニング」を読んで(菜園と人生 2013. 2.14)>>

コメント

Re: テントウムシも今年はどうなるのか

ノリじい様
いつも、コメント、ありがとうございます。
今年はどうなるのか、オートに潜んでいるのか、もう少し見てみます。
草々

> こんばんはー
>
> アブラムシは、なかなか退治できなくて困り者です。
> テントウムシが運良く、登場してくれればいいのですが。
  1. 2013/02/16(土) 17:09:09 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

こんばんはー

アブラムシは、なかなか退治できなくて困り者です。
テントウムシが運良く、登場してくれればいいのですが。
  1. 2013/02/15(金) 19:58:33 |
  2. URL |
  3. ノリじいさん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/46-b4c7cd7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)