野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

「癒しのガーデニング」を読んで(菜園と人生 2013. 2.14)

癒しのガーデニング

東京神田の古書店で、「癒しのガーデニング」(アーリーン・バーンスタイン、上原ゆうこ訳、2007)を偶然にも見つけ、副題が「菜園が教えてくれた私の人生」ということで興味があり、購入し、読んでみました。

役者あとがきによれば、「菜園で過ごす時間は瞑想であり、自己を取り戻す時であった。この本は単なるガーデニングの本ではなく、それを超えた普遍的なことについての本である。」とあります。

確かに、ガーデニングを愛する人は、自然のなかに没頭し、ストレスから解放されているのでしょう。私も、ストレスの多かった壮年時代、園芸に没頭し汗を流し、無事、退職を迎えたことを思い出します。

「ガーデニングは健康や長寿と関係しているのか?」という私の課題は、当然のことですが、精神面と肉体面の両面から検討し、汗を流す効果や野菜の薬用効果だけでなく、精神面への癒しの効果も大きいことを考えて追及していく必要がありましょう。

家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2013/02/14(木) 10:46:23|
  2. 菜園と人生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<テントウムシはどこに居るのか(病害虫対策 2013. 2.15) | ホーム | ヘルマン・ヘッセ「庭仕事の楽しみ」を読んで(菜園と人生 2013. 2.13)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/45-7e03e9a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)