野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

初期生育促進に化学肥料を少しだけ使う(土作りと肥料 2014.3.17)

尿素肥料袋

今日は晴れ。穏やかに晴れ、春の園芸日和です。

さて、初春は寒い日が多く、有機肥料の分解速度は遅く効きにくいと言われます。そんななか、化学肥料は水に溶けやすく即効性の効果があります。

しかし、化学肥料は水に溶けやすく地下水汚染の原因となること等から、有機農法では使っておりません。
家庭菜園でも、無農薬・無化学肥料を重視した有機農法が主流と思われます。その意味で、私も、その有機農法を追及してきた一人ですが、最近、有機肥料だけで育てた野菜は初期の生育が劣ることが分かってきました。

作物の生育と肥料の関係について考えますと、一般に生育初期は、体が小さく根張りが弱く肥料を吸う能力は弱い問題があります。一方、有機肥料ですが、有機肥料は分解して植物に吸われるまで時間がかかり、初期生育促進には効果がありません。

さらに、野菜は初期生育が重要で、苗半作とも言われ、初期生育が劣ると良質の美味しい野菜はできません。さらには、初期生育が劣ると病害や虫害に弱くなります。

そこで、有機肥料だけで作物を作るとなると、すぐ吸えるように多量の有機肥料を入れることが必要と思われますが、多量の有機肥料のもとでは初期生育は良くなっても、その後も肥料は効き続きますので野菜は軟弱に育ち病虫害に弱くなる問題があります。

このような問題を解決するため、「ぼかし肥料」というものが考案されていますが、素人には扱いにくい肥料です。私の経験ですが、古かったためほとんど効かなかったこともあります。

以上のことから考えますと、私ことですが、初期生育を進めるために、播種時期や移植時期に少量の化学肥料を使うことの方が初心者にはいいのではないかと思うようになってきました。

そこで、私の化学肥料の使い方ですが、種類は上の写真にあるクラッシックな尿素(N成分46%)です。

下の写真は、その袋の中に入っている白い砂のような尿素肥料です。使用量はm2当たり10gです。しかも初期生育促進のために株基に施用です。これなら肥料過剰による地下水汚染などの環境問題は起きません。

尿素白い粒状

下の写真は化学肥料(尿素)を少し基肥に入れた昨年春のニンジンの様子です。春は寒く肥料が効きにくいのですが、このように化学肥料を少し入れるだけで生育が良くなり、良質のニンジンを収穫できました。

なお、上記のぼかし肥料の作り方については、最近では、「くいしんぼうの家庭菜園」や「デンスケ農園」で紹介されていますので、関心のある方は参照ねがいます。

春のニンジン


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2014/03/17(月) 10:05:49|
  2. 土作りと肥料
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<肥料はどれだけ入れたらよいのか(土作りと肥料 2014.3.18) | ホーム | ラデッシュの旬(春の野菜 2014.3.16)>>

コメント

Re: 間取作造さん、試していただければ幸いです。

間取作造さん
いつもコメント、ありがとうございます。

試していただければ幸いです。効果抜群ですよ。
草々

> ㎡当たり10gですね。
> 早速やってみます。
> いつも良い情報を有難うございます。
  1. 2014/03/18(火) 09:49:30 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

Re: 素流人さん、感謝

素流人さん
コメント、ありがとうございます。

有機農法で野菜を売っている方は化学肥料は使えないことになっておりますが、
家庭菜園は、安全な野菜なら、化学肥料も少しだけならいいのかな、と思っているところです。
草々

> 野菜づくりの大先輩、いつも勉強させていただいております。
>
> 極めて若輩者ですが、言われようにあんまりこだわる必要ないと思います。
> お互いの良い所を使えばそれはそれで良いと思います。
>
> 私は、食べる方が中心なのかな?私は料理を作るのがウエイトが高いから食べる方の立場から、、、。
> でも恒常的に食べるのはどうかなと思いますが、それは作る人の拘りと思います。
>
> もちろん、食の安全から体に良い物は大前提です。
> そして、やはり出来るだけ自然に近い物が一番だと思っています。
>
> 大先輩、初めてのコメントたいそうなことを言って失礼しました。
  1. 2014/03/18(火) 09:47:48 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

㎡当たり10gですね。
早速やってみます。
いつも良い情報を有難うございます。
  1. 2014/03/18(火) 08:17:44 |
  2. URL |
  3. 間取作造 #Yeq.B2X2
  4. [ 編集 ]

こんばんは

野菜づくりの大先輩、いつも勉強させていただいております。

極めて若輩者ですが、言われようにあんまりこだわる必要ないと思います。
お互いの良い所を使えばそれはそれで良いと思います。

私は、食べる方が中心なのかな?私は料理を作るのがウエイトが高いから食べる方の立場から、、、。
でも恒常的に食べるのはどうかなと思いますが、それは作る人の拘りと思います。

もちろん、食の安全から体に良い物は大前提です。
そして、やはり出来るだけ自然に近い物が一番だと思っています。

大先輩、初めてのコメントたいそうなことを言って失礼しました。
  1. 2014/03/17(月) 21:18:00 |
  2. URL |
  3. 素流人 #-
  4. [ 編集 ]

はじめまして

野菜づくりの大先輩、いつも勉強させていただいております。

極めて若輩者ですが、言われようにあんまりこだわる必要ないと思います。
お互いの良い所を使えばそれはそれで良いと思います。

私は、食べる方が中心なのかな?私は料理を作るのがウエイトが高いから食べる方の立場から、、、。
でも恒常的に食べるのはどうかなと思いますが、それは作る人の拘りと思います。

もちろん、食の安全から体に良い物は大前提です。
そして、やはり出来るだけ自然に近い物が一番だと思っています。

大先輩、初めてのコメントたいそうなことを言って失礼しました。
  1. 2014/03/17(月) 21:15:51 |
  2. URL |
  3. 素流人 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/411-81f882ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)