野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

甘く美味しい最後のサラダ用ダイコン(春の野菜 2014.3.10)

ダイコン3月菜園

甘く美味しい最後のサラダ用ダイコン(春の野菜 2014.3.10)

今日は晴れ。しかし、風が強く冷たく、園芸日和とは言えません。

さて、日ざしが伸び、春らしくなってきたこの頃ですが、冬を通してお世話になったダイコンを使い切りましたので、その様子について紹介します。なお、今回紹介するのは冬用に作りました9月下旬播種のダイコンです。

上の写真は菜園の様子で、凍霜害に傷められながらも何とか生きております。しかし、写真では分かりませんが、そのダイコンの地上部は凍霜害で腐っています。

下の写真は収穫物で、腐った上の部分は廃棄してあります。種類はサラダ用青首ダイコンです。このほか、普通の青首ダイコンとサラダ用赤ダイコンがありましたが、こちらの方は数日前に使いきりました。

ダイコン3月収穫物

下の写真は、ダイコンおろしに使った様子です。サラダ用ダイコンは、生野菜サラダにして毎朝食べていますが、ダイコンおろしにもジューシイで甘味があり使えます。

参考までに今回の作り方を紹介しますと、9月下旬に、畝を整地後、小さな円形の窪地を作り、そこに点播きし、発芽後間引いて、1点あたり1本にしました。栽培中は、保温と虫除けを兼ね、防虫ネットを張り、収穫期の1月上旬にはずしました。

肥料はm2当たり発酵鶏糞500g(N成分2%)の他、尿素(N成分46%)を10g入れました。また、いつものとおり、無農薬、無耕起、無堆肥、無畝立て栽培です。

ダイコンおろし


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2014/03/10(月) 13:34:45|
  2. 春の野菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<無結球自殖性ハクランは凍霜害に強く使える(春の野菜 2014.3.11) | ホーム | 福岡正信翁の自然農法と土作り愚考(土作りと肥料 2014.3.9)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/404-e398aa32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)