野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

自殖性の半結球ハクランは苦味がなく美味しい(冬の野菜 2014.2.4)

半結球ハクラン

自殖性の半結球ハクランは苦味がなく美味しい(冬の野菜 2014.2.4)

今日は小雨。これから雪になるようです。

先週、「自殖性のハクランはハクサイ風のキャベツ味でサラダ向き」と題し、自殖性のハクランについて紹介しました。今回は、第2弾として、自殖性の半結球ハクランについて紹介します。

種子は同じく岐阜の高名なハクラン研究者からいただいたもので、系統名は「高3」にあたります。

上の写真は収穫物の様子で、半結球しておりキャベツ風です。凍霜害で傷んだ外葉は除去してあります。

下の写真は菜園の様子で、氷が厚く張った寒い朝に撮影したもので凍り付いています。凍霜害のため外葉は傷んでおりますが、中央部はしっかりと生きており使えます。

半結球ハクラン菜園

下の写真は、塩胡椒炒めです。食べたところ、苦味はなく、柔らかで少し甘味があり、キャベツ風ハクサイ味で、ご飯にかけて食べると大変美味しい料理でした。

半結球ハクラン炒めもの

下の写真は生野菜サラダです。こちらの方は、キャベツ風の使い方です。

以上、まとめますと、こちらの自殖性ハクランは、キャベツ風味のハクサイ味で、独特の葉もの野菜と思われます。私は、この系統が自殖性ハクランのなかで最も面白い素材と評価しておりますが、種子を採るかたわら、作り方や食べ方などをさらに研究したいと思っています。

栽培法は、先週の報告と同じですので、そちらを参照願います。

半結球ハクランサラダ


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2014/02/04(火) 09:47:45|
  2. 冬の野菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<油粕有機肥料の冬施用で土作り(土作りと肥料 2014.2.5) | ホーム | フキノトウはつぼみ(冬の野菜 2014.2.3)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/370-c5ea5bc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)