野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

緑肥オートと地力改善(緑肥 2014.1.30)

オート1月立毛

緑肥オートと地力改善(緑肥 2014.1.30)

今日は曇り、肌寒い1日になりそうです。

さて、緑肥オート(えん麦)の栽培については、いくつかのブログで紹介がありました。我が菜園では、堆肥は作らず入れずの「ぐうたら農法」ですので、オートのような緑肥は地力を上げるために重要です。

地力との関連で言えば、オートは、敷き藁の原料となるだけでなく、地下部に多量の根を残し、この結果、腐った根は土の中の有機物を豊富にし、堆肥を入れたような柔らかな土を自然と作る効果があるようです。

そこで、我が菜園では、空き地があればできるだけ多くオートを播いておくようにしています。昨年は、この様子について「緑肥オートは刈取期」と題し紹介しました。

上の写真はオートの現状です。まだ小さいですが、春には伸びて立派な穂が出ることを期待しています。そして、これらは穂が出たところで刈り取られ、春野菜の敷きわらになる予定です。

下の写真は菜園の様子です。今回は、このようなオートを、1畦4mの長さですが、10畝作っています。

オート1月外観

下の写真は11月中旬の様子です。冷蔵庫に保存しておいた3年前の種子でしたが、発芽良好でした。

参考までに今回の作り方を紹介しますと、11月上旬に、畝を整地後、溝底に条播きしました。約10日で出芽し、現在にいたっています。溝底に播種したのは、凍霜害対策で、低いところは霜柱が立ちにくい現象を考慮しました。

肥料は、いつもの半分で、m2当たり発酵鶏糞300g(N成分2%)の他、尿素(N成分46%)をm2当たり5g入れました。また、いつものとおり、無農薬、無耕起、無堆肥、無畝立て栽培です。

オート11月発芽


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2014/01/30(木) 09:58:30|
  2. 緑肥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<白クローバーと利用(緑肥 2014.1.31) | ホーム | ネオニコチノイド系農薬と家庭菜園(菜園と人生 2014.1.29)>>

コメント

Re:春 様、感謝♪

春 様
コメント、ありがとうございます。

私の経験では、アブラナ科の種は冷蔵庫に保存すれば、5年以上持ちます。
昨年は、10年以上保存していた種が発芽しました。
草々


> 冷蔵庫に保存しておいた3年前の種子が発芽良好になるんですね。
> 昨年植えたホウレン草を食べつくしたので、先日冷蔵庫にしまっておいたタネをまいてみました。
> しっかり発芽して3cmくらいになっています♪
> さすが、徳之島です☆
> いつ食べられるかな(^-^)
  1. 2014/01/31(金) 12:24:12 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

Re: まろ様、種はジョイフル本田の種子コーナーで買いました

まろ様
コメント、ありがとうございます。

種はジョイフル本田の種子コーナーで買いました。
そこには、緑肥用の種の棚がありました。
草々

> 大変参考になりました。
> 種はどうやって入手されたのですか?
> もしよければ教えてください。
  1. 2014/01/31(金) 12:21:14 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは♪

冷蔵庫に保存しておいた3年前の種子が発芽良好になるんですね。
昨年植えたホウレン草を食べつくしたので、先日冷蔵庫にしまっておいたタネをまいてみました。
しっかり発芽して3cmくらいになっています♪
さすが、徳之島です☆
いつ食べられるかな(^-^)
  1. 2014/01/31(金) 12:13:10 |
  2. URL |
  3. 春 #-
  4. [ 編集 ]

大変参考になりました。
種はどうやって入手されたのですか?
もしよければ教えてください。
  1. 2014/01/30(木) 12:59:08 |
  2. URL |
  3. まろ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/365-0a07c9f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)