野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

ネオニコチノイド系農薬と家庭菜園(菜園と人生 2014.1.29)

新聞報道ネオニコ

ネオニコチノイド系農薬と家庭菜園(菜園と人生 2014.1.29)

今日も晴れ。久しぶりに氷の張らない朝で、春のような暖かな1日なりそうで、園芸日和です(笑)。

先日(1月9日)の東京新聞に、一面トップで「脱・ネオニコ系農薬」、「脳発達に害、欧州で規制」という記事が載っていました。上の写真は、その一部ですが、関連し、今回は、ネオニコ(ネオニコチノイド)系農薬と家庭菜園について愚考します。

ネオニコ系農薬は植物体内に吸収されやすい農薬で、この農薬を吸収した植物体を虫が食べると神経が害され死にいたる新しい農薬です。人体への影響は少ないと言われますが、ミツバチの大量死と関係があるだけでなく、少量でも摂取を続けると人体にも影響が出てくるのではないかと心配されている農薬でもあります。

使用に関し、身近な例では、アリの巣コロリやアブラムシ防除などに使われています。粒剤は使いやすく、バラなど植物の下にパラパラと播くだけで効果があります。

農林水産省の調査によりますと、ニラ、コマツナ、シュンギク、イチゴなどに安全基準内ですが比較的多めに本薬剤の残留農薬が検出されています。愚推しますと、ハウスもの野菜に多いということでしょうか。

先日(1月8日)、「残留農薬基準変更と家庭菜園」と題し、残留農薬基準が緩くなっていくことを紹介しました。

知らない間に農薬を摂取し、健康を害してしまう危険が、いろいろなところに潜んでいるようです。そこで、我田引水になりますが、安心で安全な野菜は家庭菜園で作ろう、となります。

関連し、下の写真は、我が無農薬菜園の春の様子です。防虫ネットの利用ですが、これだけでも、無農薬野菜は簡単に作れます(笑)。

防虫ネットと無農薬野菜


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2014/01/29(水) 10:42:07|
  2. 菜園と人生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<緑肥オートと地力改善(緑肥 2014.1.30) | ホーム | 自殖性のハクランはハクサイ風のキャベツ味でサラダ向き(冬の野菜 2014.1.28)>>

コメント

Re: applemint22 さん、感謝

applemint22 さん
コメント、ありがとうございます。

無農薬野菜と言えば、applemint22 さんは水耕栽培の野菜がいいですね。
いつも感心して見ています。
草々

> 知らない間に、農薬を摂取しているなんて怖いですね~
>
> 勉強になりました。
  1. 2014/01/30(木) 10:03:33 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

知らない間に、農薬を摂取しているなんて怖いですね~

勉強になりました。
  1. 2014/01/29(水) 22:05:02 |
  2. URL |
  3. applemint22 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/364-7cb7df11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)