野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

セルリーの保温対策と冬の収穫(農法 2014.1.16)

パオパオべた掛け

セルリーの保温対策と冬の収穫(農法 2014.1.16)

今日は晴れ。この冬一番の冷え込みでした。しかし、風はなく、穏やかで過ごしやすい晴れた冬の一日になりそうです。

さて、セルリー(セロリ)については、ブログ「とんすけと水耕栽培」で立派なセロリの収穫が紹介されていました。

一方、我が菜園のセルリーについては、10月19日に「セルリーの収穫」と題し、紹介しております。今回は、保温対策と関連して紹介します。

昨日、ホウレンソウについては保温対策が必要だったと反省しましたが、セルリーについては、寒さにはあまり強くないようでしたので、12月中旬から保温対策をしております。

保温のし方は、セルリーの上にパオパオをべたかけし、その上にアーム型の支柱を入れ、防虫ネットを張る方法です。関連し、上の写真は、防虫ネットをはずしたときの様子で、中にパオパオがべたかけされています。

下の写真は、そのパオパオをめくって表れたセルリーの様子です。昨年は1月には枯れていたセルリーですが、保温の効果か、今年は生きていて、いくらか収穫できる感じです。

パオパオめくり

下の写真はセルリーの収穫物です。小さいながらも、生野菜サラダの香と味付けに使えます。

以上のように、パオパオと防虫ネットを組み合わせる保温方法を紹介しましたが、本方法では、パオパオが風で飛ばない長所があり、さらに防虫ネットの保温効果でさらに暖かくなる感じです。

なお、セロリとセルリーの違いについて聞かれることがありますが、それらは同じもので、セロリは英語、セルリーはフランス語のようです(笑)。園芸関係では統一してセルリーと呼ぶようになっているようです。

収穫されたセルリー


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2014/01/16(木) 11:54:51|
  2. 農法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<「おいしい菜」は本当に美味しい(冬の野菜 2014.1.17) | ホーム | 冬のホウレンソウはロゼッタ型でも美味い(冬の野菜 2014.1.15)>>

コメント

Re: applemint22さん、感謝

applemint22さん
コメント、ありがとうございます。

りっぱなセロリをまるごと食べているぜいたくな様子を拝見し、
コメントしてしまいました。水耕栽培は冬が出番ですね。
草々

> いつも楽しく拝見しています(^^)
> リンクしていただきありがとうございました。
> セロリは寒さに弱いのですか?
> 保温対策が効果あってよかったですね~
>
> それからコメント、今気付きました(*^_^*)
> 返事が遅れてすみません。
> 水耕栽培のセロリは育てやすいみたいです。
> 園芸店で売れ残っていた苗を買ってきて植えてみたのですが、液体肥料の水温が7℃しかないときも枯れずに生長してくれました。
> 昨日、セロリの葉と玉ねぎでかき揚げを作ったら、彩りよく美味しかったです。
  1. 2014/01/17(金) 12:25:27 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

いつも楽しく拝見しています(^^)
リンクしていただきありがとうございました。
セロリは寒さに弱いのですか?
保温対策が効果あってよかったですね~

それからコメント、今気付きました(*^_^*)
返事が遅れてすみません。
水耕栽培のセロリは育てやすいみたいです。
園芸店で売れ残っていた苗を買ってきて植えてみたのですが、液体肥料の水温が7℃しかないときも枯れずに生長してくれました。
昨日、セロリの葉と玉ねぎでかき揚げを作ったら、彩りよく美味しかったです。








  1. 2014/01/16(木) 20:33:11 |
  2. URL |
  3. applemint22 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/351-a10cb738
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)