野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

家庭菜園における歓喜(菜園と人生 2014.1.4)

乙戸沼初日の出2014

家庭菜園における歓喜(菜園と人生 2014.1.4)

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

さて、ブログ「自由人のカルマ・ヨガノート」に「今日も目の前にある歓喜」と題し、アメリカ先住民の長老の生き方を記した『グランドファーザーとつり人』という本の紹介がありました。

それは、大自然の中に居て自然との会話に歓喜を感じるアメリカ先住民長老の話でありますが、家庭菜園における歓喜にも似たものがあり、感動しました。

いわゆる家庭菜園には3回の歓喜(感動)があると言われます。1回目は芽が出たときや花が咲いたときとかの野菜の生長を見て感じる歓喜、2回目は収穫の歓喜、そして3回目は食べたときの歓喜です。なかでも一番の歓喜は2回目の収穫の歓喜ではないでしょうか。

私の場合、菜園を見て歩いていると、野菜が、みずみずしい葉を広げながら「今が食べ時ですよ」と語りかけてくるのが聞こえるときがあります。そのときの歓喜は表現しようがありません。また、ナガイモを掘っているときなどは、すべてを忘れ、ただ、イモ掘りに没頭しているだけです。

関連し、下の写真は、秋、土着きの美しいダイコンです。引き抜いたときの美しさに感動しました。

ダイコン赤と白

また、下の写真は、春、防虫ネットをはずしたときの中国菜芯です。すでに収穫時期となっていますが、葉と花の輝きに感動しました。

これらの経験のように、家庭菜園には、すべてを忘れ、野菜との会話に没頭してしまう歓喜があります。私は、家庭菜園のもつ魅力として、今年もこの歓喜を紹介していきたいと思っています。

なお、上の写真は、近隣の乙戸沼から見た初日の出です。雲一つない青空でした。今年は良い年になりそうです。今年もどうぞよろしくお願いします。

中国サイシン


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2014/01/04(土) 10:19:30|
  2. 菜園と人生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<筑波山とコスモスと菜園(菜園と人生 2014.1.5) | ホーム | クコは冬景色、年末年始は休みます(挨拶 2013.12.30)>>

コメント

Re: 歓喜は人それぞれですね。

marupotetoさん
たびたびのコメント、ありがとうございます。

marupotetoさんの食べたときの歓喜については、いつも感心しております。
収穫までこぎつけた歓喜と合体しているのでしょう。
草々

> 「3回の歓喜」納得です。
> わたしの場合、多少出来の悪さがあっても
> 収穫までこぎつけるとうれしいもんです。
> さらにこの写真のように葉っぱまで美味しそうな
> 大根になってくれればほんと言うことなし。
> ですね。
  1. 2014/01/05(日) 11:18:45 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

Re: Heyモーさんの野菜も美しいですね

Heyモーさん
たびたびのコメント、ありがとうございます。

関連し、Heyモーさんの野菜も美しいですね。
今年もよろしくお願いします。

> 素敵な初日の出が見れましたね
> 今年も野菜の成長シーンに感動しながら栽培を楽しみたいと思います
  1. 2014/01/05(日) 11:07:21 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

「3回の歓喜」納得です。
わたしの場合、多少出来の悪さがあっても
収穫までこぎつけるとうれしいもんです。
さらにこの写真のように葉っぱまで美味しそうな
大根になってくれればほんと言うことなし。
ですね。
  1. 2014/01/04(土) 21:27:21 |
  2. URL |
  3. marupoteto #-
  4. [ 編集 ]

素敵な初日の出が見れましたね
今年も野菜の成長シーンに感動しながら栽培を楽しみたいと思います
  1. 2014/01/04(土) 16:50:08 |
  2. URL |
  3. Heyモー #tSD0xzK.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/339-bc463687
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)