野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

小粒の黒豆を使った美味しい赤飯(冬の野菜 2013.12.18)

小粒の黒豆赤飯

小粒の黒豆を使った美味しい赤飯(冬の野菜 2013.12.18)

今日は曇り、肌寒い冬の1日になりそうです。

さて、黒豆の収穫については、ブログ「食いしん坊の家庭菜園、ときどき山」、「気まぐれ自給菜園」、「豊平のやさい畑」で紹介がありました。

一方、我が菜園の黒豆は、種類が異なり、小粒の黒豆ですが、10月21日に「小粒のエダマメは作り易く美味い」と紹介しております。その後、種用に収穫し、残ったものを黒豆として利用しておりますので紹介します。

上の写真は、黒豆を使った赤飯です。黒豆独特の色と、ご飯と豆の味のハーモニーが良い美味しい赤飯となっています。食べるときは、これにゴマ塩をかけます。

ご存知のように、ゴマにはセサミン、黒豆には色素アントシアニン(ポリフェノール)が含まれております。その意味で、この赤飯は健康食品と評価されますが、たいへん美味しい赤飯でもあります。

赤飯の作り方は、ご飯を炊く前にご飯の上に黒豆を乗せて炊飯するだけの簡単料理です。なお、この赤飯の作り方は、豆の種子をいただいた福島の知人から教えてもらいました。

下の写真は収穫物の様子です。1畦(4m)10株ほど作り、初めはエダマメとして利用し、その後、残った枝からの収穫物ですが、けっこう採れました。同時に作った大粒の黒豆はカメムシに食われ、莢は実が入らず全滅しました。

観察すると、小粒の黒豆は葉もよく茂り、実の充実もよく、カメムシや病害に強いのではないかと思われます。上記の「気まぐれ自給菜園」によれば、黒豆はカメムシの害に会いやすいとありましたが、この小粒の黒豆がカメムシに強いは、小粒のためかもしれません。その意味で、小粒の黒豆は家庭菜園向きと思われます。

この小粒の黒豆の由来について検索しますと、茨城県農業試験場で、朝鮮半島由来の品種から小粒の黒豆品種を納豆用に選定したことが出てきます。想像しますと、この品種が福島に行き、回りまわって私のところに届いたのかもしれません。

似た小粒の黒豆については北海道にもあります。これは早生の品種で、地力増強のために使われてきましたが、最近の健康食品ブームで食用に復活していると言われます。私の黒豆は晩生種ですので、これとは違うようです。

小粒黒豆収穫物


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2013/12/18(水) 13:29:29|
  2. 冬の野菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<新アズキは美味しい(冬の野菜 2013.12.19) | ホーム | ラデッシュ愚考(冬の野菜 2013.12.17)>>

コメント

Re: 畑のジッチ さん、北海道出身でしたか

畑のジッチ さん
コメント、ありがとうございます。

北海道出身でしたか。調べたところ、小粒の黒豆は北海道にしかないようです。
茨城県で小粒の黒豆を選抜したようですが、私は茨城県にいますが、自分の黒豆
以外、見たことはありません。
草々

> 小粒の黒豆は、私の田舎北海道で食べた記憶があります。
> 節分の時にまいて、食べましたよ。
> 地力増強に良いのですか、それじゃ今も食べた方がいいですね(笑)
  1. 2013/12/19(木) 13:37:11 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

小粒の黒豆は、私の田舎北海道で食べた記憶があります。
節分の時にまいて、食べましたよ。
地力増強に良いのですか、それじゃ今も食べた方がいいですね(笑)
  1. 2013/12/18(水) 16:49:33 |
  2. URL |
  3. 畑のジッチ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/326-7dcf8eb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)