野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

ゴボウの袋栽培の結果(冬の野菜 2013.12.7)

ゴボウの袋栽培11月の様子

ゴボウの袋栽培の結果(冬の野菜 2013.12.7)

今日は曇り後晴れ、暖かな園芸日和でした。そんななか、クコの実収穫など暗くなるまで菜園で過ごしてしまいました。まさに人生の楽園でした。

さて、ゴボウの栽培については、波板栽培の例などが紹介されています。私の方は、以前に紹介しましたが、クラッシクな袋栽培です。

秋ともなると、汁ものなどゴボウはよく使われますので、適宜収穫し利用しております。そして、袋栽培のいいところは、収穫しやすいだけでなく、適宜収穫しながら利用できるところかもしれません。5袋ほど作りましたが、すでに2袋は無くなり、収穫が3袋目になっているのが現状です。

上の写真は11月の菜園の様子です。今年は夏の乾燥と高温にあい、作りにくい年だったと思われますが、8月下旬からの雨で回復しました。

そして、下の写真は1袋から収穫されたゴボウです。袋に入れた土が悪かったせいか、太いもの、細いもの、長いもの、短いものと揃いは悪く、とても恥ずかしいできですが、家庭菜園のいいところで、形は悪くとも使えます(笑)。

食べたところ、柔らかく味は問題ありませんでした。

参考までに今回の作り方を簡単に紹介しますと、2月に肥料袋に土入れを行い5袋ほど用意しました。4月下旬に、1袋あたり6か所に点播きし、その後、間引きし、1点当たり1~2個体にしました。

肥料はm2当たり発酵鶏糞500g(N成分2%)ですが、本菜園には12月に油粕肥料を100g(N成分5%)入れてあります。また、袋に入れた土は、それら周辺の表層の土です。

ゴボウ収穫物1袋分


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2013/12/07(土) 18:53:23|
  2. 冬の野菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ジャンボ安納芋は食えるのか(冬の野菜 2013.12.8) | ホーム | 太ったコカブとラデッシュ(冬の野菜 2013.12.6)>>

コメント

Re: ささぎ(大角豆)が正しいと思います。

けい様

コメント、ありがとうございます。
同じつくばどうしとは恐縮です。

なお、大角豆の呼び方はささぎが正しいと思います。
名前との関連で、私は、勝手ながら大角豆をササゲと呼んでいます。

けい様のブログ「つくばの青い空の下」は、訪問があるたびに拝見させて
いただいております。

これからも、よろしくお願いします。



> こんばんは!
>
> 初めまして。。。
> エルフィンさんの記事のアブラムシ退治がとっても気になり
> お邪魔をさせて頂きました。
> ごぼうの袋での栽培・・・思いつきもしませんでした。
> 私も小さな庭で家庭菜園を楽しんでいたのですが
> 今年は 全くやる気がおきず 庭も荒れてしまいました。
> やる気のなさも今年で卒業し 来春からは又ぼちぼちと
> 庭仕事をしたいなあと おもっております。
>
> お近くにお住まいなんですね?
>
> 私は大角豆の事を(ささぎ)と思っていました。
> ささげが本当の読み方なんですね?
> つくばに移り住んで30年近く
> まだまだ知らない事が沢山ありそうです。
>
> これからも時々お邪魔をさせて頂き 色々参考にさせて頂きたいと思います。
  1. 2013/12/08(日) 14:56:01 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2013/12/07(土) 20:10:19 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/315-726c3cc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)