野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

珍しいハクランの味

2013. 1.30 珍しいハクランの味(冬の野菜)

ハクランはハクサイとキャベツの交雑種で、ハクサイとキャベツの味がする新野菜と注目されたものですが、まだ市場には出回っておりません。私は、偶然にも、ハクランの育種研究を50年近く実践している岐阜の方から種をいただき試作し協力しているところです。

すでにハイブリッドと自殖系統ができております。ハイブリッドは完成に近く有望と思われます。このハイブリッドを食べたところ、キャベツのように肉の炒め物やサラダに使えるほか、ハクサイのように鍋物に良いことが分かりました。

一方、自殖系統ですが、こちらは結球が遅い問題がありますが、味はハクランであり、新しい葉もの野菜としても面白いと思われました。

ハクランF1

ハクラン自殖系統

写真は、上はハイブリッドのハクラン(11月下旬撮影)、下は自殖系統のハクラン(元旦撮影)です。
スポンサーサイト
  1. 2013/01/30(水) 12:04:34|
  2. 冬の野菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<冬の葉ニンニクは美味しい  | ホーム | 干しサツマイモ作り、ベニハルカが良かった>>

コメント

こんばんはー
珍しい野菜ですね、ご説明でよくわかりました。
カッチリと結球はしないようなものでしょうか。
味は、ハクサイとキャベツのどちらに似ているか
興味がでてくるものです。
  1. 2013/01/30(水) 21:43:45 |
  2. URL |
  3. ノリじいさん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/29-73327296
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)