野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

ピーナッツ、「ナカテユタカ」は作り易く多収(秋の野菜 2013.10.22)

ナカテユタカの実の着き方

ピーナッツ、「ナカテユタカ」は作り易く多収(秋の野菜 2013.10.22)

今日は曇り時々晴れ、園芸日和です。明日から台風接近ということで、貴重な晴れ間ですが、そんななか、ツルアリインゲンの片付けなどをしました。

さて、ピーナッツについては、いくつかのブログで紹介があります。また、我がブログでは、早生の「ジャワ13号」の収穫について10月12日に紹介しましたが、今日は、中生の「ナカテユタカ」の収穫について紹介します。種は園芸店で購入しました。

上の写真は株を抜いたときの様子で、充実した白い実がたくさん着いていて、かなりの多収です。20株ほど作りましたが、野菜カゴいっぱい(5㎏程度)採れました。「ナカテユタカ」は粒の大きさは虫程度で茹で豆向きとありますが、茹で豆シーズンのこれからが楽しみです。

下の写真は菜園の様子で、病虫害はほとんどみられず、茂っている葉は美しく輝いています。実が充実しているのは、この茂っている葉の光合成ためと思われます。「ナカテユタカ」は作り易く多収とありますが、本当のようです(笑)。

作り方は、10月12日紹介の「ジャワ13号」とおなじですが、栽培のポイントとしては、昨年は早く播いて乾燥害に会い失敗したので、今年は5月下旬に播種し、開花盛期を雨の多い8月中旬以降としたのが良かったのかと思っています。

ナカテユタカの草型


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2013/10/22(火) 16:04:23|
  2. 秋の野菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<赤ダイコンはサラダ素材として魅力的だ(秋の野菜 2013.10.23) | ホーム | 小粒のエダマメは作り易く美味い(秋の野菜 2013.10.21)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/277-322ba00b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)