野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

小粒のエダマメは作り易く美味い(秋の野菜 2013.10.21)

小粒のエダマメ

小粒のエダマメは作り易く美味い(秋の野菜 2013.10.21)

今日の朝は晴れ、園芸日和ですが、雨後のため菜園はぬかるんでいます。

さて、そんななか、小粒のエダマメが収穫時期を迎えていますので紹介します。種は福島県の農家(知人)から、いただいたもので、もともとは小粒の黒豆で、我が家で勝手にエダマメとして利用しているものです。

上の写真はその小粒の黒豆を湯がいたエダマメです。写真右上のエダマメが普通のエダマメです。

下の写真はその小粒のエダマメと普通のエダマメの莢と中身です。

小粒のエダマメの中身

昨年から食べていますが、実が充実しており、小粒の食感と黒豆の香のハーモニーがよく、美味しいエダマメとなっています。妻に言わせると、料亭でしか味わえない珍味のようです。

下の写真は菜園と枝の様子です。普通のエダマメより大きく茂り、実はぎっしりと着き、かつ、病虫害に強く、家庭菜園向きです。

問題点は、晩生のため、早く播いても秋(短日)にならないと開花しない特徴があります。

参考までに今回の作り方を紹介しますと、7月上旬に播種しポット苗を作り、7月中旬に移植しました。移植後は、虫除けのため防虫ネットを張り、開花期の9月上旬にはずしました。

肥料はm2当たり発酵鶏糞500g(N成分2%)ですが、本菜園には12月に油粕肥料を100g(N成分5%)入れてあります。また、いつものとおり、無農薬、無耕起、無堆肥、無ビニールマルチ、無畝立て栽培です。

菜園の小粒エダマメ

小粒エダマメの枝と実


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2013/10/21(月) 13:04:03|
  2. 秋の野菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ピーナッツ、「ナカテユタカ」は作り易く多収(秋の野菜 2013.10.22) | ホーム | 新ショウガのできは良い(秋の野菜 2013.10.20)>>

コメント

Re: エダマメの10月収穫は難しいですね

南の風さん
こちらこそ訪問いただき、ありがとうございます。
ご指摘のようにエダマメの10月収穫は難しいですね。

そんななか、紹介しました小粒のエダマメは黒豆で野生的なのか、
ウイルス病なし、紫斑病なしで作り易い品種です。
しかし、カナブンだけはやってきますので、朝早く、手で払落してつぶし、
除去しています。
草々

> こんばんは ! いつも、訪問いただき、ありがとうございます。
> 我が家では6月に収穫する枝豆しか作っていないのですが
> 近くの農家は、10月初めに収穫する枝豆を作っており、高く取引されて
> いるようです。
> ただ難は、害虫対策に苦労していると聞いています。
  1. 2013/10/22(火) 16:11:23 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは ! いつも、訪問いただき、ありがとうございます。
我が家では6月に収穫する枝豆しか作っていないのですが
近くの農家は、10月初めに収穫する枝豆を作っており、高く取引されて
いるようです。
ただ難は、害虫対策に苦労していると聞いています。
  1. 2013/10/21(月) 19:57:50 |
  2. URL |
  3. 南の風 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/276-77337559
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)