野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

緑肥ソルガムの効能(緑肥 2013.9.11)

ソルガムと百日草

緑肥ソルガムの効能(緑肥 2013.9.11)

今日の朝は曇り後晴れ、涼しく園芸日和です。

さて、私は夏の緑肥としてソルガム(ソルゴ)作っておりますが、今日はそのソルガムの魅力について紹介します。

ソルガムは窒素固定はしませんが、畑の耕運機と呼ばれているようで、根が深く張り、刈り取った後に残った根はイネ科特有の特性なのか腐敗しやすく、土を柔らかくすると言われております。

また、地上部の茎葉は敷き草として使うことができ、その敷き草は腐敗すると良質の堆肥となり、自然に土が肥えることになります。

また、ソルガムにはアブラムシが多く着くため、アブラムシを食べる益虫の巣、すなわちバンカープランツになると言われており、この意味でも無農薬栽培では取り入れたい緑肥の一つになります。

そこで、私は、空いているところに雑草抑制を兼ねてソルガム作っております。上の写真は6月中旬播きで8月上旬頃のソルガムですが、ソルガムの下に生えてくる雑草はわずかで、ソルガムの雑草抑制は大きいと判断されます。

下の写真は、ナスの下にソルガムを敷き草に使った例ですが、ナスの生育は良さそうです。

ソルガム敷き草

また、下の写真は、播種2か月後(8月中旬)に刈り取った例ですが、後に出てくるヒコバエは1か月で大きくなり、また刈り取ることができます。すると、またヒコバエが出てきて1か月で茂りますので、また収穫でき、合計3回の刈り取が可能です。

まとめますと、ソルガムってすごいですね(笑)。

ソルガムのひこばえ


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2013/09/11(水) 12:45:50|
  2. 緑肥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<秋の味覚、ヤマイモのむかごを食べる(秋の野菜 2013.9.12) | ホーム | 秋の地這キューリ収穫(秋の野菜 2013.9.10)>>

コメント

Re:marupoteto さん、 ご指摘のようにソルガムは魅力的です。

marupoteto さん
コメント、ありがとうございます。

ご指摘のようにソルガムは魅力的です。

緑肥については、夏はソルガム、冬はオートとクローバーでいこうと
思っているところです。
草々

> ソルガム、なんと魅力的な植物。
> 畑があったら育ててみたい。
> ベランダで野菜を作り始めブログもはじめて
> いろんな人のブログを見るようになって。
> どんどん知らなかった事が・・・。
> 勉強になります。
  1. 2013/09/12(木) 12:24:01 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

ソルガム、なんと魅力的な植物。
畑があったら育ててみたい。
ベランダで野菜を作り始めブログもはじめて
いろんな人のブログを見るようになって。
どんどん知らなかった事が・・・。
勉強になります。
  1. 2013/09/11(水) 23:17:40 |
  2. URL |
  3. marupoteto #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/252-4af00dfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)