野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

丸形のオクラと赤いオクラ(夏の野菜 2013.8.10)

赤いオクラと丸オクラ

丸形のオクラと赤いオクラ(夏の野菜 2013.8.10)

今日は朝から暑く、作業はキューリ、トマトなどの収穫だけで終わり、早々と引き上げました。猛烈に暑い1日になりそうです。

さて、夏野菜の代表の一つであるオクラが収穫時期を迎えていますので紹介します。

オクラは、味があり、ぬめりがあり、美味しくて健康に良い野菜の代表かと思われますので、毎年作っておりますが、今日はと丸形のオクラと赤いオクラについて紹介します。

丸オクラについては3年前から作り始めましたが、食べてみると、丸型の方が採り遅れても柔らかく食べやすいと思われました。そこで、丸型の方を中心に作ろうと思っているところです。また、赤いオクラは、偶然に園芸店で種子が売られていましたので、珍しいので今年から作っています。

上の写真は収穫物の様子です。また、下の写真は赤いオクラの菜園の様子ですが、赤いオクラは生育旺盛で作り易い品種かと思われます。

菜園の赤オクラ

下の写真は天ぷらにしたオクラの様子です。赤いオクラで残念なことは、赤い色素は料理すると水に溶けて消えてしまうことです(笑)。

今回のオクラの作り方について簡単に紹介しますと、5月中旬に播種しポット苗を作り、6月上旬に移植しました。移植後は、保温と虫除けを兼ね、防虫ネットを張り、6月下旬にはずしました。

肥料はm2当たり発酵鶏糞500g(N成分2%)ですが、本菜園には12月に油粕肥料を100g(N成分5%)入れてあります。また、いつものとおり、無農薬、無耕起、無堆肥、無マルチ、無畝立て栽培です。

オクラの栽培で気を使っている点は、熱帯の野菜なので低温に弱いこと、このため、気温が上がり始める5月中旬以降を播種期にしています。オクラを早い時期に作り、低温のため発芽不良、生育不良など何度も失敗しておりますので、低温の時期は避けて作っています。

赤オクラの天ぷら


家庭菜園 ブログランキングへ

スポンサーサイト
  1. 2013/08/10(土) 16:41:36|
  2. 夏の野菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ニガウリで暑気払い(夏の野菜 2013.8.11) | ホーム | 秋野菜の播種計画(8月~10月)および種子の準備(秋の野菜 2013.8.9)>>

コメント

Re: タイトルなし

まこ 様
コメント、ありがとうございます。
まこ様のブログは毎日拝見させていただき、無農薬栽培の参考にさせていただいております。
また、今回のコメントでは、オクラ品種に詳しく、たいへん参考になります。

赤オクラですが、生育旺盛で作りやすいと思われました。
そのため、私の家庭菜園では丸オクラと赤オクラの2本立てがいいのかなと思っているところです(笑)。
草々

> 私も丸オクラの方を栽培しています。
> 赤オクラは今年は栽培していませんが、
> 朝市に出すオクラの袋に緑の中に1~2本赤オクラを混ぜると
> きれいで目立って好評でしたね~。
> しかし、やはり火を通すと色が変わってしまうので
> 生のまま刻んで・・・。緑の中に赤がちょっと入るときれいでした。
> なので、赤はたくさん植える必要はないなぁ~と。(笑)
  1. 2013/08/11(日) 15:57:15 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

私も丸オクラの方を栽培しています。
赤オクラは今年は栽培していませんが、
朝市に出すオクラの袋に緑の中に1~2本赤オクラを混ぜると
きれいで目立って好評でしたね~。
しかし、やはり火を通すと色が変わってしまうので
生のまま刻んで・・・。緑の中に赤がちょっと入るときれいでした。
なので、赤はたくさん植える必要はないなぁ~と。(笑)
  1. 2013/08/10(土) 22:07:07 |
  2. URL |
  3. まこちゃん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/221-8f8e3187
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)