野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

モロヘイヤとトロロイモのコンビ(夏の野菜 2013.7.27)

収穫されたモロヘイヤ

モロヘイヤとトロロイモのコンビ(夏の野菜 2013.7.27)

今日の朝は曇り、蒸し暑い朝でしたが、エダマメ移植などをしました。

さて、モロヘイヤが収穫時期を迎えていますので紹介します。

モロヘイヤはアフリカ原産で、アフリカで雑草のように育っている野菜ですが、日本では、夏でも無農薬で育ち、かつネバネバのある野菜で健康によく美味しい野菜ということで評判です。そのため、我が家でも20年前から作っています。

上の写真が収穫物、下の写真が菜園の様子です。すでに上の茎は収穫され、伸びてきた側枝の収穫時期になっています。
菜園のモロヘイヤ

食べ方は、湯がいた後、刻んでたたき、ドロドロになったところで集めて食べます。今回はネバネバコンビで、トロロイモとミックスし、これをワサビとポン酢で食べてみましたが、かなり美味しく、夏の一品となりました。下の写真は、そのネバネバコンビの様子です(笑)。

今回のモロヘイヤの作り方を簡単に紹介しますと、5月中旬に播種しポット苗を作り、5月下旬に移植しました。移植後は、保温と虫除けを兼ね、防虫ネットを張り、6月中旬にはずしました。

肥料はm2当たり発酵鶏糞500g(N成分2%)ですが、本菜園には12月に油粕肥料を100g(N成分5%)入れてあります。また、いつものとおり、無農薬、無耕起、無堆肥、無マルチ、無畝立て栽培です。

無農薬のためカナブンの食害が上の葉に少し出ていますが、食われた葉は捨て、残りを食用に利用しています。今のところ、カナブンの食害は少なく、モロヘイヤは好みでないようです(笑)。

モロヘイヤとナガイモ


家庭菜園 ブログランキングへ

スポンサーサイト
  1. 2013/07/27(土) 10:36:27|
  2. 夏の野菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<エンサイも貴重な夏の葉もの野菜だ(夏の野菜 2013.7.28) | ホーム | ミニトマト「シュガーランプ」は美味い(夏の野菜 2013.7.26)>>

コメント

Re: カナブンとコガネムシの区別は?

椎たけ夫さん
コメント、ありがとうございます。

なお、カナブンとコガネムシの区別は分かりませんが、この辺では、皆さんカナブンと言っています。
カナブンが葉を食害しないとなると、訂正の必要があるかもしれません。
草々

> モロヘイヤは無農薬でも大丈夫なものなんですね。
> 来年あたりやってみようかな・・・
>
> カナブンですが・・・
> コガネムシの事ですかね。
> カナブン自体は葉を食害しません。
> 主に樹液を吸う虫ですね。
> 羽の開く部分がYなのがカナブン、Uなのがコガネムシです。
  1. 2013/07/28(日) 11:03:54 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

モロヘイヤは無農薬でも大丈夫なものなんですね。
来年あたりやってみようかな・・・

カナブンですが・・・
コガネムシの事ですかね。
カナブン自体は葉を食害しません。
主に樹液を吸う虫ですね。
羽の開く部分がYなのがカナブン、Uなのがコガネムシです。
  1. 2013/07/27(土) 23:05:14 |
  2. URL |
  3. 椎たけ夫 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/207-e7ec2317
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)