野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

今年のモモは虫だらけ(果樹 2013.7.16)

モモの実と虫害


今年のモモは虫だらけ(果樹 2013.7.16)

今日の朝は晴れ、いつもにない涼しい朝ですが、これから暑くなることでしょう。そんななか、カボチャの移植などをしました。

さて、モモが食べごろになってきましたので紹介します。上の写真が収穫物、下は菜園の様子です。

苗木は園芸店で5年前に購入したものです。品種名は分かりませんが、1本でも実ること、小玉であること、7月上旬に実ることから推定しますと、品種は早生で小玉の「ちよひめ」ではないかと思われます。

今年は15個ほど実が着きましたが、ほとんどは虫に食われ、まともなものはありませんでした。悔しいので、虫に食われた果実については汚れた部分を除き、きれいなところをスライスして食べています。

食べたところ、モモとしてはやや硬いですが、甘味と香は良好で、無農薬の家庭菜園ならではの味と感じました。

果樹の管理についていちおう紹介しますと、冬に混んでいる枝を剪定すること、周囲に生ゴミを埋めて肥料としていること、春の新芽に集まっているアブラムシをたたいて袋に入れ除去することの3点だけです。

こんなぐうたらな管理で実る果実です(笑)。その意味で、モモもまた家庭菜園向きと思われますが、果実のほとんどは虫に食われていますので、虫のために作っているようなものです(笑)。来年は袋掛けなどをして虫害の少ない果実を作ってみたいと思っているところです。

モモの木



家庭菜園 ブログランキングへ

スポンサーサイト
  1. 2013/07/16(火) 12:03:48|
  2. 果樹
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ナワシロイチゴは赤い宝石のようだった(果樹 2013.7.17) | ホーム | コールラビは捨てがたい(夏の野菜 2013.7.15)>>

コメント

Re: カボチャのシーズンは冬

間取作造 様
コメント、ありがとうございます。

御指摘のように他のブログではカボチャの収穫期です。
ただ、今の時期の収穫は、暑いので日焼けの問題があります。
昨年は果実が日焼けで品質極悪でした。

それから保存の問題があります。
カボチャのシーズンは冬至カボチャの頃と思われますが、
それに合わせると10月の収穫がいいのかと思っています。

今の時期のカボチャの移植はそんな訳です。
草々

> またまた質問ですみません。
> イントロへの食いつきでゴメンナサイ。
>
> ”カボチャの移植”って?
> 今の時期相当な大きさに育っているのではないかと思うのですが、
> どのような目的でどのような状況なのでしょうか?
  1. 2013/07/17(水) 13:45:58 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

またまた質問ですみません。
イントロへの食いつきでゴメンナサイ。

”カボチャの移植”って?
今の時期相当な大きさに育っているのではないかと思うのですが、
どのような目的でどのような状況なのでしょうか?


  1. 2013/07/17(水) 07:57:53 |
  2. URL |
  3. 間取作造 #Yeq.B2X2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/196-c913abd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)