野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

トウモロコシのアワノメイガは雄穂の切除で(病害虫対策 2013.7.13)

切除された雄穂


トウモロコシのアワノメイガは雄穂の切除で(病害虫対策 2013.7.13)

今日の朝は曇りときどき晴れ、暑い一日になりそうです。そんななか、秋用ナスの移植などをしました。

さて、トウモロコシの収穫について昨日紹介しましたが、今日は最大害虫のアワノメイガ対策について参考までに紹介します。

トウモロコシ栽培で一番の大敵がアワノメイガで、葉の裏側に産まれた卵から出てきた幼虫はトウモロコシの体内に入り、内部を食い荒らします。一番入りやすいところが柔らかくて甘味のある伸長中の雄穂のところと言われ、これを切除すると被害が減ると一般に言われております。

そこで、平凡ですが、私のアワノメイガ防除法も雄穂の切除です。雄穂の切除については多くのブログで実践例が紹介されておりますが、切除の仕方はいろいろあるようです。

一番のお勧めは、半分の個体について雄穂を出る前に抜き取って廃棄すること、ついで、二番目のお勧めは、受粉が終わったら直ちに雄穂を切除することのようです。

私の作っているトウモロコシは穂の揃いが悪く、雄穂を廃棄すると花粉のかからないものが出てくる可能氏があります。そのため、私のやっているのは受粉が終わってからですが、これでは遅いようです。

そこで、食い跡から虫が居るのが分かっている茎の上部は、葉を犠牲にして廃棄しています。上の写真は葉を3枚切除(左)と1枚切除(右)の例です。

4枚切除のときもありますが、こんな方法でもトウモロコシは実りますから偉いです(笑)。これでも、虫はしぶとく実に迫ってきますが、7割は無事収穫できるから満足と言えましょう。なお、下の写真は切除した後の風景です。

雄穂切除コーン



家庭菜園 ブログランキングへ

スポンサーサイト
  1. 2013/07/13(土) 10:32:01|
  2. 病害虫対策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<人気のでてきたサラダ用ニンジン(夏の野菜 2013.7.14) | ホーム | トウモロコシは収穫してから2時間以内に食べる(夏の野菜 2013.7.12)>>

コメント

Re: アワノメイガの防除法参考になります!

小島さん
コメント、ありがとうございます。
お役にたてれば幸いです。ぜひ、検討願います。
草々

> 雄穂を切除する方法は、斬新です。とても参考になりました。
> 今年のトウモロコシは害虫の被害にあまりならなくて、よいものが収穫できています。
>
> 受粉作業は、雄穂から雄蕊を手ですくっては、雌穂に振りかけてやることを一斉にしました。
> 雄穂の雄蕊の出方が悪い株は別の雄穂から雄蕊をすくって振りかけることができます。
>
> その甲斐があってか、今年は実がびっしりと詰まっています。人工受粉作業を早めに行い、
> 用済みになった雄穂を切除すれば、早めに防除できるのではないかと思います。来年実行します。
  1. 2013/07/14(日) 14:33:13 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

Re: 参考になれば幸いです

さくらんさん
たびたびのコメント、ありがとうございます。
雄穂の切除は効果があると思います。参考になれば幸いです。
草々


> 雄穂の切除って、そう言うことだったのですね。よくわかりました。ありがとうございました。
> 今年、私のとうもろこしは幸いなことに、虫にも鳥にもやられずにすんで、とてもラッキーでしたが、次回は雄穂の切除を試します。
> やらなければならないことが次々あるのだと分かり、とても参考になります。
  1. 2013/07/14(日) 14:29:58 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

アワノメイガの防除法参考になります!

雄穂を切除する方法は、斬新です。とても参考になりました。
今年のトウモロコシは害虫の被害にあまりならなくて、よいものが収穫できています。

受粉作業は、雄穂から雄蕊を手ですくっては、雌穂に振りかけてやることを一斉にしました。
雄穂の雄蕊の出方が悪い株は別の雄穂から雄蕊をすくって振りかけることができます。

その甲斐があってか、今年は実がびっしりと詰まっています。人工受粉作業を早めに行い、
用済みになった雄穂を切除すれば、早めに防除できるのではないかと思います。来年実行します。
  1. 2013/07/13(土) 15:36:52 |
  2. URL |
  3. 小島くん #D07AjTXo
  4. [ 編集 ]

雄穂の切除って、そう言うことだったのですね。よくわかりました。ありがとうございました。
今年、私のとうもろこしは幸いなことに、虫にも鳥にもやられずにすんで、とてもラッキーでしたが、次回は雄穂の切除を試します。
やらなければならないことが次々あるのだと分かり、とても参考になります。
  1. 2013/07/13(土) 12:03:31 |
  2. URL |
  3. さくらん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/193-05153b6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)