野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

初夏とミョウガの旬(夏の野菜 2013.7.7)

ミョウガ群落

初夏とミョウガの旬(夏の野菜 2013.7.7)

今日の朝は晴れ、夏日で、ちょっと動いただけで汗、汗の朝でした。そんななか、ゴマの移植などをしました。

さて、ミョウガを収穫し、食べてみましたので紹介します。上の写真が菜園の様子、下が収穫物の様子です。

今回収穫したのは、ミョウガの茎と、引き抜いたときに着いている若い花芽です。茎の下の部分は刻んで味噌汁に入れ、ミョウガの香りを楽しみましたが、初夏の香りと思われました。一方、若い花芽の方は刻んで冷奴豆腐に乗せて食べましたが、こちらの方も新鮮なためか香が強く、初夏の味と思われました。

なお、根の部分は、茎と花芽を収穫後、もとの場所に埋め返しております。

ミューガは花芽ミョーガが有名ですが、こちらの方は主として初夏の頃から出てきます。今回は、その土中の若芽を食べたことになります。

関連し、我が家の狭い庭を調べたところ、地上に出ているミョウガの花芽が見つかりました。また、他のブログでもミョウガの花芽を収穫したという紹介がありました。

我が家のミョウガの由来を紹介しますと、苗は園芸店で買い、キウイの下で育てています。有機質に富み乾かない土であることが重要なようで、キウイの下は半日陰で乾かないこと、かつキウイの葉が積もっていて土は有機質に富んでいることのためか、美味しそうに育っています。

毎年、自生してきますが、収穫してすぐ食べると、柔らかく、香りも強く、家庭菜園ならではの味があると思っています。毎年、花ミョウガが出るのを楽しみにしているこの頃です。

なお、ミョウガはいくら食べても「もの忘れ」とは関係ないようです((笑)。

梅雨のミョウガの花芽



家庭菜園 ブログランキングへ

スポンサーサイト
  1. 2013/07/07(日) 19:18:07|
  2. 夏の野菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<今年のエダマメは虫と病気が少ない(夏の野菜 2013.7.8) | ホーム | 初夏のセリ(夏の野菜 2013.7.6)>>

コメント

Re: ミョウガの茎は下3cmぐらい食べるだけです

marupoteto様
たびたびのコメント、感謝いたします。
なお、我が家では、ミョウガの茎は下3cmぐらい食べるだけです。
まさに香を楽しむということかも。
草々

> ミョウガの茎と若い花芽って食べれるんですね。
> わたしもちょっと掘って見てみます。
> 急に暑い日が続いてますので
> 熱中症には気をつけてくださいね。
  1. 2013/07/09(火) 10:50:03 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

ミョウガの茎と若い花芽って食べれるんですね。
わたしもちょっと掘って見てみます。
急に暑い日が続いてますので
熱中症には気をつけてくださいね。
  1. 2013/07/09(火) 00:12:48 |
  2. URL |
  3. marupoteto #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/187-f63116b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)