野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

ナワシロイチゴの栽培管理(果樹 2013.7.3)

ナワシロイチゴ群落

ナワシロイチゴの栽培管理(果樹 2013.7.3)

今日の朝は曇り時々晴れ、まずまず園芸日和です。そんななか、キューリ、ナワシロイチゴの収穫、トマトの剪定などに追われました。

さて、昨日はナワシロイチゴの収穫とジャム利用について紹介しましたが、今日は、これからナワシロイチゴを育ててみようとする方に、木の管理について簡単に紹介します。

まず、冬に、太く長い新枝を何本か残し、その他は廃棄します。春にこの太く長い枝の途中から細い枝が出て、その細い枝に花が咲きイチゴの実ができることになります。

一方、春の開花のころ、花芽のない新枝(次年用)が伸びて花芽のある枝に覆いかぶさります。新枝が果実に覆いかぶさりますと実りが悪くなりますので、果実に覆いかぶさる新枝は全部、切除廃棄します。

上の写真は、実の反対側に茂っている次年用の新枝です。実の上にかかっている枝もありましたが、切除してあります。また、下の写真は、地這いしている新枝の様子です。地這いの新枝からは根が出て、活着し、その根本からさらに新枝が出てきて、こちらの後発の新枝にも次年度に実がつきます。

管理は、以上のように冬と春の剪定だけですが、かなり激しく剪定しないと、過繁茂になってしまいますので要注意です。

改善点で、今、考えていることは、実が多く着きすぎる問題があるので、開花後にこれらを半分に摘果することです。こうすることにより、良質でより甘い果実が得られるのではないかと思っています。次年度が楽しみです。

ナワシロイチゴ地這い枝



家庭菜園 ブログランキングへ

スポンサーサイト
  1. 2013/07/03(水) 10:01:06|
  2. 果樹
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<梅雨のアスパラ(夏の野菜 2013.7.4) | ホーム | ナワシロイチゴのジャムとジュース(果樹 2013.7.2)>>

コメント

Re: 野生のイチゴの味です

ガンバーさん
たびたびのコメント、ありがとうございます。
ナワシロイチゴの味は酸味が強く、野生イチゴの味で、生で食べるには甘味が弱く、
それほど美味しいものではないと思われます。その意味でジャムが良いのかと思っています。

また、他の木イチゴと同じで、面積は少なくとも多くとも育ちますし実ります。
草々


> ナワシロイチゴおいしいんでしょうねぇ。
> 育てるには、そうとうな面積が必要なんでしょうねぇ?
  1. 2013/07/03(水) 20:06:26 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

ナワシロイチゴおいしいんでしょうねぇ。
育てるには、そうとうな面積が必要なんでしょうねぇ?
  1. 2013/07/03(水) 18:33:41 |
  2. URL |
  3. がんばー #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/183-69171e46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)