野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

キウイ剪定は重要な冬の作業

2013. 1.19 キウイ剪定は重要な冬の作業(果樹)

今日も寒い冬晴れの朝です。そんな冬晴れの日の作業に、油粕肥料入れのほかに果樹の剪定があります。私の植えている果樹は、柿、ブドウ、ブルーベリ、クワ、アケビ、イチヂクですが、手間がかかるのがキウイの剪定です。

キウイの剪定の基本は、実がなった古い枝のほとんどは廃棄し、長く伸びた新枝を数本残し、その新枝を棚に適当な間隔に配置することです。オスとメスの木、全部で5本あります。品種は、ヘイワード、ゴールド、レッド(紅美人?)の3本のメスと2本のオスです。

キウイを栽培して思うのは、無農薬で簡単にできるということです。それでも失敗している例を近くで見ると、棚が壊れて剪定ができていない、傍にオス(花粉)の木がないことがあげられます。

写真は、収穫前と剪定を終えたキウイの木です。剪定は約3時間の作業でした。いい汗をかきました。なお使っている棚は以前に紹介した棚で大型サイズです。


収穫前のキウイ

剪定後のキウイ
スポンサーサイト
  1. 2013/01/19(土) 07:52:58|
  2. 果樹
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<冬でも収穫物は多い | ホーム | 油粕肥料は冬に入れます(土作りと肥料 2013.1.18)                         9>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/18-0ee478de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)