fc2ブログ

野菜を食べやさい

無耕起、無堆肥による省力有機栽培を通じ、退職後の人生について発信いたします。さらには生ごみや剪定枝利用の土作り、家庭菜園での一句について紹介します。

春霞み 畑は菜花が 競い合う


ナバナ(アブラナ)


春霞み 畑(はた)は菜花が 競い合う

我がつくば市にある菜園は、桜の蕾は膨らんできました。しかし、雰囲気は、雨多く菜種梅雨の感じです。

さて、その菜種梅雨の菜花ですが、今年も出ておりますので、その様子を家庭菜園での一句を添えて紹介します。

上の写真は、菜花用に作ったアブラナ晩生種で、今が盛りですが、今年は3月上旬が寒かったせいか、茂りが少ない感じです。

下の写真も菜花ですが、一足早いチンゲンサイの菜花です。このように、春は菜花が競い合って出てくる感じです。

ナバナ(チンゲンサイ)

下の写真は利用で、お浸しです。マヨ味で食べましたが、柔らかく少し甘味があり、美味しい菜花でした。

ナバナ(アブラナ)

下の写真は、そのお浸しを使ったみそ汁です。

ナバナ入りみそ汁

そこで、家庭菜園での一句です。

     春霞み 畑は菜花が 競い合う

下のマンガ絵は、いつもの家庭菜園での一句絵手紙です。くつろいでいただければ幸いです。

ナバナで家庭菜園での一句絵手紙

参考までに今回のアブラナの栽培法を紹介しますと次のとおりです。


播種場所は、万能クワで溝を掘り、そこにm2当たり発酵鶏糞300gの他、尿素を10g入れ土と混ぜました。種子は、数年前に園芸店で購入し、早生と晩生を混ぜて冷蔵庫に保存しておいたものです。播種溝を踏み固めた後、11月上旬に、条播きしました。また、いつものとおり、無農薬、無耕起、無堆肥、無石灰、無畝立て、無追肥、無ビニールマルチ栽培です。


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト



  1. 2024/03/28(木) 09:05:33|
  2. 家庭菜園での一句
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<春一番 旬のワケギ みそ汁に | ホーム | 頬緩む カイワレ大根 その辛み>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/1712-575d56a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)